2015年7月23日 18:00|ウーマンエキサイト

裏切り裏切られ…男は単純【彼氏の顔が覚えられません 第37話】

平原 学
ライター (作家、コラム・レビューライター、ラッパー)
平原 学
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
バレンタイン直後、イズミからのチョコを受け取ろうとタナカ先輩のLINEに連絡すると、「ゴメン、騙せなかった」そんな返事がきて、ぎょっとした。

どうか単純すぎる俺に罰を【彼氏の顔が覚えられません 第37話】

画像:(c)izzzy71 - Fotolia.com



慌てて通話してみると、「無理だよ! ムリムリ! イズミちゃんの顔見た瞬間、騙せないって思った!」なんて声。しかも俺が部室に行けなかった理由も、俺がLINEで送った通り「デート」だったとバカ正直に伝えてしまったらしい。

サー…と血の気が引いていく。

「ちょ…じゃあ、なんで代役引き受けてくれたんスか!?」

「そ、それはだな…つまり…カズヤが他のバカに頼んでイズミちゃんを騙すぐらいなら、俺が引き受けようと…い、いや、ちがう…ちがうちがうっ。正直に言うよ。うん。最初から、イズミちゃんを騙す気なんてなかった。カズヤ裏切って、全部ぶちまけるつもりだった」

「はぁ!? ちょっ…嘘でしょ? 先輩、イズミに直接フラれて、もう未練ないハズでしょ? 俺とイズミの恋路、応援してくれるって言ってたじゃ…」

「うおおおおおおおおおおおおおおお!」

突然の大声に、思わずスマホを離す。20センチくらい離しても、先輩の怒鳴り声はクッキリ聞こえた。

「応援してた! 応援してたさ!! だからこそ、こうやって騙すなんて信じられなかったんだ…カズヤ、お前、サイテーだ! イズミちゃんとは破局してしまえ! それがイズミちゃんのためだ! じゃあなっ!!」

通話は、向こうから切れた。
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
平原 学
平原 学をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
平原 学
平原 学の更新通知が届きます!
フォロー中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.