2015年8月27日 18:00|ウーマンエキサイト

正しい復縁の方法など無い【彼氏の顔が覚えられません 第42話】

平原 学
ライター (作家、コラム・レビューライター、ラッパー)
平原 学
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
きょうび、ネットには恋愛に関するさまざまなハウツー記事が毎日上がり続けている。「復縁」なんて言葉も、検索すればすぐ出てくる。わざわざ本屋の恋愛本コーナーで探すなど恥ずかしい思いをする必要もないし、しかも無料だ。

正しい復縁の方法など無い【彼氏の顔が覚えられません 第42話】

画像:(c)Smileus - Fotolia.com



問題は、手軽で金がかからないからつい探しすぎてしまうこと。ある記事に「必勝法」として書いてあることが、ある記事では「絶対にやってはいけない」なんて紹介されていたりする。これじゃ正解がどれかわからない。

最終的に、どの記事にも書かれているようなありきたりな方法を選ぶしかなくなる。それは、「時間を空ける」。なにもせず、時期がくるのをただ待つということだ。時期とは? さあ、わからない。

正直、不安だ。その不安を打ち消すように、俺はひたすら楽器に打ち込もうと考えた。4月、5月。イズミのことを考えないよう、真剣に。が、無理だった。考えまいとすればするほどイズミへの想いが強くなる。

イズミはとっくに俺のことなんて忘れてしまっているかもしれない。俺は絶対無理だ。嫌いにでもならない限り。嫌いになろうとすればするほど、俺に水をぶっかけたイズミの表情が浮かぶ。

あんな顔、初めて見た。言い放ったセリフはクールだったのに、目を真っ赤にして涙をためていた。

なんだ、表情がつくれないわけじゃないんだ。つくるのがヘタだから、ときどき勘違いしてしまう。

イズミには感情が無いんじゃないか。本当は俺のこと、スキとも何とも思ってないんじゃないか。声をかけなければ、俺の存在すら認識してくれないから――。

「もうっ、いつまでウジってんの!!」

部室で一人ぼーっと考えていると、いきなり譜面で頭を思いっきりひっぱたかれた。マナミだ。

結局、軽音部に入部したマナミ。部内恋愛禁止のこの部へ身を置くことで、俺への恋心を完全に絶ったつもりらしい。
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
平原 学
平原 学をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
平原 学
平原 学の更新通知が届きます!
フォロー中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.