2015年9月17日 18:00|ウーマンエキサイト

最終回と二つの見守る星:【彼氏の顔が覚えられません 第45話】

平原 学
ライター (作家、コラム・レビューライター、ラッパー)
平原 学
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
ライヴ会場から出た直後は止んでいたけど、外ではまだ少し雨が降っているようだ。

最終回と二つの見守る星:【彼氏の顔が覚えられません 第45話】

画像:(c)jun.SU. - Fotolia.com



23時半。駅構内の柱にずっと寄り添っている。こんなところにいても仕方ないのはわかってる。ただ、人の流れの中でオロオロしてたら吐きそうになって。ちょっと休憩。

でも、このまま帰れなかったら野宿になるかもしれない。大都会でハタチの女が一人で。いまごろコモリとかが、かばんを忘れた私のことを探してくれてるだろうか。

どちらにしても、交番に駆け込むべきだろう。でも、交番すらわからない。まだ会社帰りの人が多い。もう少し人の数が減ったら探しにいけるかもしれない。つまり、終電が無くなってからということになるんだけど。

そのとき、数人の男たちがこちらに近づいてきた。金髪頭、ヤンキースのキャップ、スキンヘッド。ジーンズのポケットに手をつっこみ、明らかにガラが悪そうな感じで。

「ねぇ彼女、誰かと待ち合わせ? それともナンパ待ち?」

一人が声をかけてきた。怯えながらも返事をする。

「ち、ちがいます。帰るつもりが、カバンを忘れてきちゃって…ライヴ会場に。でも、戻る道わかんないし」

「へぇ、そりゃ大変だ。会場の名前わかる? 探してやるよ」
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
平原 学
平原 学をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
平原 学
平原 学の更新通知が届きます!
フォロー中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.