2015年9月5日 22:00|ウーマンエキサイト

「女子」という言葉の違和感、「女」である自覚をもつ重要性 【女30からのシアワセ道 vol.3】

内埜さくら
ライター
内埜さくら
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
女子会、女子力、働き女子、オトナ女子…。マスコミが提唱したことにより、最近では自分自身のことを「わたしたち女子は~」などと呼ぶ女性も増えていますが、この「女子」という言葉に違和感を覚えるのはわたしだけでしょうか。

目次

・何かと都合がいい「女子」という言葉
・女を自覚した方が、素を引き出してくれる男性と出会える?


「女子」ではなく「女」である自覚を持つ重要性【女30からのシアワセ道】

(c) MNStudio - Fotolia.com



辞書によると「女子」という言葉は「おんなの子」や「むすめ」以外にも、「女性」や「婦人」といった意味も内包していますから、じつはどの世代の女性が使っても日本語としては間違っていません。

ただ、日本人女性、とくに30代以上の女性が積極的に「女子」と発言する姿を見ると、「自分はまだ若い」「女じゃなくて女の子だもん」と、実年齢を受け入れずに声高に叫んでいるような気がして、同性としてはほおが赤らんでしまうのです。

■何かと都合がいい「女子」という言葉

「女子」という言葉に対してこんな所見を持った理由は、ある30代女性からの飲みの誘い文句に驚愕した経験があるからです。

「ねえねえ、今度、女子会でガールズトークをしようよ」

ガールとは通常、17~18歳までの少女を指します。

30代の女性がまさか自分自身をそこまで若く胸算用しているとは思えませんが、ガールと女子を並列させたということは、「自分はまだまだ若いしイケてる」という本音が透けて見えたようで、絶句してしまったのです。

女の集い、婦人互助会、熟女会、おなご飲み…など、考えてみましたが、たしかに「女子」より簡易でキャッチーで、口から滑らかに発することができる言葉は見つかりません。
内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
確認中
内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
内埜さくら
内埜さくらをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
内埜さくら
内埜さくらの更新通知が届きます!
フォロー中
内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.