恋愛情報『『卵巣が腫れていて…』結婚後婦人科で受診すると⇒医師から言われた病名に衝撃』

『卵巣が腫れていて…』結婚後婦人科で受診すると⇒医師から言われた病名に衝撃

目次

・Hさんの場合……
・どんな治療を受けましたか?
・世の女性陣へ伝えたいことは?
・定期的に婦人科へ……
『卵巣が腫れていて…』結婚後婦人科で受診すると⇒医師から言われた病名に衝撃

結婚して子どもが欲しいと思い婦人科で受診する方もいるでしょう。

中には、それをきっかけに婦人科疾患が見つかる人もいるようです。

そこで今回のMOREDOORでは、「婦人科疾患に気づいたきっかけエピソード」をご紹介します。
監修者:ひなたクリニック院長、三橋 裕一
1964年生まれ。福島県会津若松市出身で2007年に札幌でひなたクリニックを開業。
産婦人科医の傍ら、総合格闘技のリングドクターとしても活動。
新事業の『内診台を使用したVIO脱毛』に日々奮闘中。

Hさんの場合……

結婚し数年経った頃、そろそろ子どもが欲しいと思い婦人科を受診しました。


そのときに、先生から「卵巣が腫れていて卵巣嚢腫の疑いがある」と衝撃の診断結果を言われたのです。

痛みなどの症状はありませんでした。

どんな治療を受けましたか?

内診検査と超音波検査を行い、その後腹部CT検査をしました。

その結果、卵巣の腫れはなかったため治療はしていません。
初めて行った産婦人科でしたが、治療を受けるにあたって、先生との相性はとても大事だなと感じました。

世の女性陣へ伝えたいことは?

子宮や卵巣の病気は症状がわかりにくく気づくのが遅れます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.