子育て情報『やむを得ず子連れ出勤。上司は「いいよ」と言ってくれたけど…【体験談】』

2020年2月16日 18:05

やむを得ず子連れ出勤。上司は「いいよ」と言ってくれたけど…【体験談】

目次

・まさかの日曜出勤! 夫も不在… どうしよう
・準備は万端! 忘れ物もなし! だけど……
・先輩の一言にショック… でも、その言葉に納得
・著者:山田甜子
子連れ出勤のイメージ


息子が1歳を迎えたころ、職場復帰をし、同時に保育園への登園が始まりました。普段は土日がお休みの職場なのですが、どうしても一度休日出勤をしなければいけない状況になってしまった際のできごとです。

まさかの日曜出勤! 夫も不在… どうしよう

基本は土日が休みの職場であるため、保育園には平日のみの登園となっていました。しかし、このときは会社の都合で日曜日でないと会議が開けず、仕事が進まないという事態になってしまったのです。タイミングの悪いことに夫もその週は休日出勤。実母に頼ろうと思いましたが、風邪を引いていて寝込んでいると断られてしまいました。

どうしようか悩んで上司に相談すると「子どもを連れて出勤したらいいよ。会議の間は僕が預かるから」と言ってもらえたのです。私はすっかり安心をしてしまい、当日まで他の職員に子連れで出勤をするということを伝えていませんでした。

準備は万端! 忘れ物もなし! だけど……

当日は息子がぐずらないために先手を打つべくおむつや飲み物、おやつはもちろん、好きなおもちゃに昼寝用ブランケットと、アレもコレもと準備。結果、普段のおでかけ以上の大荷物になりましたが、これで同僚にも迷惑をかけず過ごせるはず!と私は考えていました。しかし、いざ職場に着くと同僚たちの戸惑う様子がわかりました。

そこで初めて「しまった! 事前に伝えていなかった!」と気づいたのです。慌てて息子を連れてフロア内へあいさつをして回りました。幸いにも息子は大人しくしてくれており、最初は戸惑っていた同僚も「小さい新人さんだなぁ」「いい子じゃないか」などと言ってくれ、私としては何とかなりそうだ、と思っていたのですが……。

先輩の一言にショック… でも、その言葉に納得

そのなかで「子どもが来るなんて私知らなかったし。そもそも会社は子どもが来るところじゃない」と先輩に言われてしまったのです。迷惑をかけないための対策をしっかりしたつもりでしたし、上司から許可を得たという安心感もありましたが、すっかり動揺してしまい 「すみません。手は尽くしたのですが預け先が確保できず……。許可は得たので問題はないと……」

ようやく言えた言葉でしたが、「他の同僚にはちゃんと言った? この日、子ども連れて来ますって。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.