子どもがいないとダメですか?【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第3話】

2017年4月19日 12:00
 

中村こてつ ライター
中村こてつ

結婚して3年が過ぎました。オットの希望もあり避妊はやめていました。いつでも妊娠する状態。しかし、妊娠しない。実家の母からは帰省のたびに「早く産め産め」コールが。

こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~第3話

「不妊治療」という言葉はメディアなどで知っていました。しかし、治療をしようという気にはなれませんでした。

結婚して数年経った私たち夫婦に子どもがいないという話になると、同情されたり、気まずい雰囲気になったりする時がありました。

冗談まじりにもっと頑張れと応援されたり、妊娠に効果的なアドバイスをいただくこともありました。

もちろん不妊治療を勧められることもありました。

できなくても大丈夫よと励まされ、夫婦二人でも楽しむための人生のコツを伝授されることもありました。

こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~第3話

私にはそれらのすべてが、「子どもがいないとダメ」だと言われているように聞こえました。

結婚したら次は子ども。それが定番の流れ。それが幸せな人生。

当たり前でしょと言わんばかりの周囲の無意識の態度がどうも腑に落ちませんでした。


新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.