2018年4月12日 12:00|ウーマンエキサイト

女の子がほしかったと思うことは悪いことじゃない! 3兄弟の母のホンネ【コソダテフルな毎日 第68話】

私は男の子3人のお母さんなのですが、たまに「『女の子も育ててみたかったなぁ~』って思ったことはありますか?」と聞かれることがあります。

そりゃあありますとも!

女の子がほしかったと思うことは悪いことじゃない! 3兄弟の母のホンネ【コソダテフルな毎日 第68話】
男の子が嫌だとかそういうことではなくて、男の子も女の子も両方育ててみたかったという1種の好奇心のようなものなのですが…。

単純にお腹の子の性別について「女の子がいいなぁ~」とか、「男の子がいいなぁ~」と思い描いたことありませんか?

■どちらかというと「女の子希望」だった

多かれ少なかれ皆さん同じような経験があるのではないでしょうか? 終わりがない「男の子がいい」「女の子がいい」論。

「跡取りとして男の子が欲しい」なんて時代は男の子が欲しいという声が多かったかもしれませんが、現代は「女の子が欲しい」という声も良く聞きますよね。私の周囲でも女の子が欲しい人がとても多いです。

私自身も第1子の時には「どっちかというと女の子がいいなぁ~」と思っていましたし、第3子の時には「次こそ女の子を!」と思っていました。

どうして私が女の子が欲しかったのかというと、理由は「かわいいお洋服を着せてみたい」とか「娘と一緒に買い物に行きたい」とか「大きくなったら娘と友達のような関係になりたい」などの理由からです。

女の子がほしかったと思うことは悪いことじゃない! 3兄弟の母のホンネ【コソダテフルな毎日 第68話】
どうしても女の子を産まねばならない理由なんてひとつもありません(そんな理由があっても困るのですが)。

それに人生の先輩方から「娘はいいわよ~」という意見を聞いたこともあったので、娘>息子という図式が頭の中にありました。

そんな私が、お腹の子が「男の子」と分かった時、どういう気持ちだったかというと…

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.