思い出に残るクリスマス! わが家のサンタクロース事情

クリスマスには、子どもたちを喜ばせたいというママとパパの思いが詰まっています。そこで、コミックライターのみなさんに、クリスマスにしているサンタクロースの設定や演出、決まりごとなど、さまざまなエピソードを教えてもらいました!

特集へ戻る

クリスマスは苦手…“舶来モノ”になじめない母の葛藤と子どもの意外な反応【こしいみほの愉快な子育て 第5話】

こしいみほ
ライター (コミックライター)
こしいみほ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

■なぜか受け止めきれない“舶来モノ”イベント

最近では従来の日本文化にはなかったイベントがすっかり浸透し、街でも盛り上がりを見せていますね。今回は、そんな海外由来のイベントへの向き合い方について、思いの丈をぶつけさせてください。

「自分にクリスマスを祝う資格があるのか?」

「ハッピーハロウィーンの何がハッピーなのか?」

「イースターとは…?」

〈私が受け止めきれていない舶来3大イベント〉のひとつ、クリスマスが今年もやって来ますね。

クリスマスは苦手…“舶来モノ”になじめない母の葛藤と子どもの意外な反応【こしいみほの愉快な子育て 第5話】

日本古来の行事には、健康や成長、豊作を願い、先祖を敬う気持ちが込められています。

「行事育」という言葉もあるくらい、行事を子どもと楽しむことは豊かな心を育むことにつながるといわれています。

だから、舶来3大イベントについても起源や意味を調べて生活に取り入れようとするのですが、ちょっと、やはり、自分ごとに感じられないというか…

時代遅れですよね、偏屈ですよね。

そう、そこまで深く考えなくてもよいのだと思ってはいるんです。

私のせいで子どものお楽しみが減ることになるのはかわいそうです。

そのため、まずはクリスマス前の一大イベント「ハロウィン」から、前向きに取り入れてみようと決めたのですが…
次ページ :  ■しかし! 娘からは予想外の反応が… … >>
こしいみほ
こしいみほの更新通知を受けよう!
確認中
こしいみほ
こしいみほの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
こしいみほ
こしいみほの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
こしいみほ
こしいみほをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
こしいみほ
こしいみほの更新通知が届きます!
フォロー中
こしいみほ
こしいみほの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.