サンタも悩むプレゼントをめぐる攻防戦!さらに12月の家計がピンチに【子育ては毎日がたからもの☆ 第36話】

ぺぷり
ライター (コミックライター)
ぺぷり
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
子育ては毎日がたからもの☆

子育ては毎日がたからもの☆

忙しい日々の中では、子どもたちとの小さな幸せをつい忘れてしまいがち…。そんな「なにげない幸せ」を、インスタグラムで人気の2児のママ・ぺぷりさんが綴ります。ウーマンエキサイト描き下ろしのコミックエッセ…

いつの間にか、町はクリスマス一色!

きらびやかなイルミネーションで装飾された駅の並木道を通ると、思わずスキップがとまらない子どもたちと私(!)。

いつもは夜には出歩かないのに、このワクワク感を味わいたくてわざわざ駅の方に寄り道して帰ったり。

また、日が落ちるのが早くなったことで、早い時間からイルミネーションでにぎやかになるのもうれしいこの季節です。

そんなイルミネーションゾーンをくぐり抜けて、クリスマスの飾りつけがされたおもちゃ屋さんに行くとクリスマスソングがかかっていて、ワクワク心が抑えられなくなります。そう、私が(笑)

子どもの頃からこの独特のクリスマス感が好きで好きでしかたのない私なので、この季節になると、子どもに負けないくらいワクワクしてしまいます。

■すべては子どものため!? わが家のプレゼント攻略法

我が家のサンタ設定は…
「ヨーロッパの寒い国に住んでいる(簡単に会えない)優しいおじさん

クリスマスのために1年間せっせと働いてお金を貯めてくれているけれど、

世界中の子どもたちみんなにプレゼントをあげたいから、高すぎるプレゼントをリクエストされると困ってしまう

プレゼントの金額は原則5,000円くらいまで(例外あり)

外国人だけれど、世界中の文字を読むことができるため、12月に入るころにお手紙でプレゼントのお願いをする

あまりギリギリにお願いすると、買いに行く時間がなくて、違うプレゼントをくれる

クリスマス直前になると、おもちゃの値上げや売り切れなどもあるため、早めに確保して安心したいという親心も隠されています。

子育ては毎日がたからもの/ぺぷり

予算に収まって、子どもの欲しい別の物を提案したりして、クリスマスプレゼントを一緒に決めていきます。

子育ては毎日がたからもの/ぺぷり

ちなみに、娘が2歳ごろまでは、親からのプレゼントとサンタさんからのプレゼントは別に用意していました。

その方が、よりサンタさんに現実味がわくだろうし、私自身、そのようなサンタ定義の家で育ったからでした。

ですが、息子が12月に生まれ、12月の特別出費が
・サンタさんから娘へのクリスマスプレゼント
・サンタさんから息子にクリスマスプレゼント
・パパママから娘にクリスマスプレゼント
・パパママから息子にクリスマスプレゼント
・パパママから息子に誕生日プレゼント

と膨らみ、家計が火の車になりかけたため、次の年からしれっとクリスマスはサンタさんからだけ設定に変更しました。

たまに娘に、プレゼントを探しながら「これはサンタさんからでー。これはパパとママからもらうの」というので、

さも以前からそうだったかのように、「クリスマスはサンタさんからだけだよ。パパとママからはお誕生日にね」と言っています。

家計の都合で、ごめん娘。

娘はある程度意思がはっきりしているので、クリマスマスプレゼントはこれをもらう!と決めたら気持ちがそのプレゼント一直線になるのですが、問題なのが息子
ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
確認中
ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ぺぷり
ぺぷりをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ぺぷり
ぺぷりの更新通知が届きます!
フォロー中
ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.