コミックエッセイ:カエル母さんと3人のこども

子どもの頃「外で寝なさい!」と叱られた私がとった、とんでもない行動とは【カエル母さんと3人のこども 第13話】

こんにちは! ユウコトリトリです。

前回は、私の幼少時の思い出の1コマでもある「誤飲」の話でした。
今回も子どもの頃を思い出し、今では理解できない行動を振り返ります。

皆さんはお子さんを叱る時、どんな言葉をかけますか?
あまりに言うことを聞かないと、イライラしたりカーッとなって、つい心にもないキツイ言葉が出てしまう事もあるのでは…?

今回は、そんなつい出てしまったお説教時の「売り言葉」で、幼少時の私が巻き起こした騒動の思い出です。

■寝る前に叱られて…

叱られた理由は覚えていません。母はしつけの上で強めに諭すことはあっても、キレたり、大声で怒鳴ったりする叱り方はしない人でした。
滅多なことで雷は落ちないので、その時は私が相当な悪事を働いたのでしょう…。

堪忍袋の尾が切れた母は

子どもの頃「外で寝なさい!」と叱られた私がとった、とんでもない行動とは【カエル母さんと3人のこども 第13話】

子どもの頃「外で寝なさい!」と叱られた私がとった、とんでもない行動とは【カエル母さんと3人のこども 第13話】
母に雷を落とされ、私は玄関から締め出されてしまいました。
(今は締め出しってあまりないですね…)

今思えば「外で寝なさい」なんて、もちろん本心からの言葉ではありません。
しかし私は

子どもの頃「外で寝なさい!」と叱られた私がとった、とんでもない行動とは【カエル母さんと3人のこども 第13話】
反省どころか、真に受けて行動に移しました。

■締め出されて向かった先は

「お母さん怒ってたなぁ…」そんな事を思いながらも、「外で寝なさい」の言葉にワクワクを隠しきれない私。

そう、叱られたショックよりも、外で寝る冒険心の方が圧倒的に上だったのです。
母としては突き放す勢いで、つい発した言葉でしたが、見事に逆効果でした。


そして

子どもの頃「外で寝なさい!」と叱られた私がとった、とんでもない行動とは【カエル母さんと3人のこども 第13話】
当時家族でもあった、外飼い犬の小屋の前に到着。

今夜の寝床は犬小屋に決めたのでした。

突然の子どもの侵入に、さぞや犬も驚いたことでしょう。

子どもの頃「外で寝なさい!」と叱られた私がとった、とんでもない行動とは【カエル母さんと3人のこども 第13話】
犬にとっては大迷惑ですが、私にとってはかつてより憧れていた
「犬と寄り添って寝る」
が実現できて満足でした。

当時よく見ていたテレビアニメで、主人公が白い大きな犬と旅をする番組があったんです。
ふかふかの犬に寄り添って寝ているのを見て、いいなぁ〜と憧れたものでした。

そして、私は夢の中へ…


新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.