台所は五感を鍛え、水族館は命の勉強に!? 2歳の息子へ“体験”という学びを【息子愛が止まらない!! 第27話】

ねここあんな。
ライター
ねここあんな。
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こんにちは!

2歳9ヶ月の息子が大好きな、ねここあんな。です!

今回のテーマは「子どもたちの家庭学習」ということですが…

息子はまだ2歳。

もちろん勉強は早いと思っています(笑)

でもこれから先、きっと私たちは「勉強しなさい」と言う親にはならないと思います。

…というのも、私たち夫婦は子どもの頃「勉強しなさい」と言われたことがなかったのです。

■親から勉強しろと言われたことのない私たちが大切に思うこと

夫は、親から勉強しろと言われないのを良いことに宿題を一切せず、木登りなどをしていた子でした。

それでも学ぶことは楽しかったらしく、授業だけは真面目に聞き、中学で学年1位の成績をとったことがあるほど頭が良かったらしいです。

私はというと、親から勉強しろと言われないのを良いことに、一晩中絵を描いているような子でした。

さらに国語、体育、図工以外の成績は非常に悪く、勉強も嫌いでした。

それでも両親は「算数の点が悪くても、作文や体育、そして絵ができるなら素晴らしい」と一緒になって喜んでくれていました。

私たち夫婦は、親に「勉強しろ」と言われず育ちました。

同じ「勉強しろと言わない親」に育てられたとしても、結局本人のやる気次第なんですよね。

そんな幼少期を経て私たちが知ったことは「勉強とは“勉強をしなさい”と言われてすることではない」ということ。

だから息子には「さまざまなことに興味を持って、“知りたい”と思う好奇心が養われるといいな」と思っています。

それに「勉強」や「学習」というのは一概に「机に向かってするもの」だけではないですよね。

感性が磨かれるといいな、という思いを込めて「息子にはいろいろな体験をさせてあげたい!」というのが私たち夫婦の持つ考えです。

私が絵を描く道を進んだように、息子にもいろいろな体験の中から進みたい道を自ら選び、歩んで欲しいと思います。
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
確認中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ねここあんな。
ねここあんな。をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知が届きます!
フォロー中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.