やさしいママのヒミツ

さまざまな分野で活躍する多忙なママたちに、「やさしいママ」でいるための秘訣を伺いました。子育てで心がけていることや、暮らしへのこだわり、欠かせない愛用アイテムもご紹介します。

特集へ戻る

気持ちいい“五感”を伝えたい 【やさしいママのモノ選び】 #01 赤木真弓さん <後編>

[PR]


やさしいママのモノ選び:
「せいろとホーローバット」でつくるシンプルなおやつとごはん

温くんのご飯は、野菜中心のヘルシーごはん。

「せいろを使って、ごはんも野菜も全部蒸して作ります。おかゆもすべて一緒に作れるので、せいろは重宝しています。蒸した野菜は軽く塩をふってオリーブオイルをかけるだけ」

気持ちいい“五感”を伝えたい  【やさしいママのモノ選び】 #01 赤木真弓さん <後編>

野菜好きの温くんは、お皿一杯の野菜も、ぱくぱく平らげてしまいます。お菓子も、できる限り手作りにしたいと心がけているそう。

気持ちいい“五感”を伝えたい  【やさしいママのモノ選び】 #01 赤木真弓さん <後編>

「最近、よく作るのはホーローバットを使った簡単デザート。バターを使わずに作るホーローバットのショートブレッドなどは、子どもも大好きです。味付けはきび糖と塩だけのシンプルなものですが、全粒粉を使っているので噛みごたえもあります。他にプリン、アイスなど、ホーローバットで簡単に作れるんです」

気持ちいい“五感”を伝えたい  【やさしいママのモノ選び】 #01 赤木真弓さん <後編>

気持ちいい“五感”を伝えたい  【やさしいママのモノ選び】 #01 赤木真弓さん <後編>

『ホーローバットで作る体にやさしいお菓子』(主婦と生活社)、『つよい体をつくる離乳食と子どもごはん』(山田 奈美/主婦と生活社)


赤木さんが食べ物にこだわるには理由があります。

「子どもの健康を考えたら、やっぱりカラダにやさしい食べ物を手作りするのが一番。味覚は子どものうちに育つといいます。工夫次第で簡単に作れますから、仕事しながらでも手作りご飯にはこだわっています」
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.