夏休みの自由研究・宿題サポート2017

いよいよ夏休み。子どもの「自由研究」や「読書感想文」など宿題のサポートに悩むママたちに、今年おすすめの自由研究ネタやイベント情報、先輩ママに聞いた時短アイディアなど、役立つ情報をお届けします!

特集へ戻る

野外教育インストラクターが伝授! どんどん作りたくなる簡単かわいい工作「たまごファミリー」で自由研究を

 

まちとこ出版社 ライター
まちとこ出版社

小学生の夏休み。頭がイタイのはやはり夏休みの宿題。なかでも、低学年の「自由研究」はどうしても親の関与次第で成果が変わるのも事実。

たいていの学校で自由研究は華々しく教室に飾られると思うので、超大作は難しいとしても、飾られて恥ずかしくないものは作りたいですね。楽しく、簡単に作れて、親子ともに満足できる自由研究のヒントを、野外教育インストラクター光橋 翠(みつはし みどり)さんに伺いました。

夏休みの自由研究、工作アイディア

『親子で作る! 自然素材のかんたん雑貨&おもちゃ』光橋 翠/監修 まちとこ/編 (日東書院本社)


光橋さんは、野外教育の専門家であり、自然からインスピレーションを得て作る、自然のものを使った工作「ネイチャークラフト」の普及に取り組んでいます。

今回は、自宅にある身近な素材を使って作れる、環境にもお財布にも優しい工作アイディア「たまごファミリー」の作り方を教えていただきます。

■卵の殻で作ろう「たまごファミリー」

夏休みの自由研究、工作アイディア 「たまごファミリー」
利用するのは、普段はゴミとして捨ててしまう卵の殻。いつもは捨てる卵の殻も、顔をかくだけでかわいい人形に大変身します。小学校低学年でも作りやすく、付属品や背景を作りこめば高学年でも胸をはれる、立派な作品をつくることができます。
【材料】
・たまごの殻
・うずらの卵の殻(小さな人形を作る場合)
・紙コップ
・フェルト、布、毛糸、レースなど人形の体を作るもの

【道具】
・はさみ
・油性ペン
・工作用接着剤


■【まずは準備】
卵の殻を捨てずにとっておこう!

夏休みの自由研究、工作アイディア 「たまごファミリー」
卵料理を食べる時に、卵の殻を割って、洗って乾かす作業も子どもに自分でやらせてみましょう。卵の殻の扱い方もわかり、その感想も書けばより自由研究らしくなります。

卵の殻は割れやすいので、工作中も壊れる場合があります。実際に使う数より多めに用意しておくのがポイント。割れてしまったらどうしよう・・・」と恐れずにどんどん殻をさわって、「殻は割れやすい」ということを実感することも大切な経験になります。

▼割り方のコツ
1)殻の底をかたいものでたたいて割る。

2)穴が2cmぐらいになるまで指で広げる。

3)卵をゆするようにして中身を出す。殻を水でよく洗い、乾かす。


次ページ :  ■【いよいよ工作開始】 動物や家族など、好きなもの…>>


ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.