いぬねこ うちのこ。

愛すべき家族の一員である「いぬ・ねこ」たち。そんなモフモフと暮らすママたちの子育て話や「うちのこ」たちのベストショット、最新ペットアイテムや役立つ情報をお届けします。

特集へ戻る

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん

 

赤木真弓 ライター
赤木真弓

犬や猫と暮らしながら、子育てをしているママやパパをご紹介する「いぬねこ うちのこ。」。第16回目は、小学生になった “ちびマメ”ちゃんこと紗綾ちゃんと、マメ&ゴマの2匹の猫と暮らすkorokoronyaさんです。

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
娘3歳最後の日。3兄弟。

子育ての楽しさ、大変さを正直に綴る日々に共感する方が多いkorokoronyaさんのインスタグラム。猫にまみれて大きくなった “ちびマメ” ちゃんの成長を、微笑ましく見守るファンも多いようです。

そんなkorokoronyaさんに、うちのこのベストショット、猫と暮らしながらする子育てについてお話を伺いました。

korokoronyaさん プロフィール
おっちょこちょいで適当、面倒臭がり屋、だけど一応主婦、母をやっています。『みんなの猫暮らし 家族と猫の、いとおしい日々。』(翔泳社)にも参加。
Instagram:@korokoronya
【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん

■愛すべき「うちのこ」たちをご紹介!

・紗綾ちゃん 6歳
・マメ    13歳 白キジ
・ゴマ    2歳  ハチワレ

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
娘が5歳のとき。朝起きたら全員一緒に寝ていた。そういうときが幸せ。

紗綾は6歳になり、感情や表現も複雑に、生意気になってきました(笑)。母の対応も頭を抱えてしまうこともしばしばですが、まだまだ甘えん坊です。

マメはぽっちゃりさん、性格はおっとり穏やか、遠慮するタイプです。ゴマはかまってちゃんの甘えん坊。マメ兄ちゃんにしつこくしてしまいます。

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
それぞれ自由人なので、3ショットは貴重です(笑)。

性格や体型が対照的な2匹。毎日見ていても本当に飽きません! 8年前にいろいろあって、寂しさを紛らわせてくれる存在がほしくて、猫を家族に迎え入れました。偶然出会った方に保護されていたマメをひと目見て、直感で「この子!」とすぐに家族に。

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
兄ネコ・マメちゃん。

ゴマも、ちょうど2匹目を迎えいれたいと思っていたときに、知人に保護されていた猫でした。同じく直感で家族になりました。
【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
弟分のゴマちゃん。




【ママに質問!】
1:愛猫とは、いつから一緒に暮らしていますか?

マメは子どもが産まれる前からです。マメは、娘をまるで謎の物体を見るかのように、不思議そうに、離れた場所から伺っていました。

娘の方が、ハイハイで動き出すようになってからぐんぐん接近していった感じ(強引に)。シッポを掴まれたり、モフモフ~と顔を埋めたり、カリカリごはんをグチャグチャにかき混ぜられたり…と洗礼を受けていました(笑)。

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
娘10ヶ月の頃。しっぽが気になって仕方がないお年頃。

赤ちゃんの頃は何をされても我慢していたけど、今は娘が成長したということを認識しているので、例えばしつこくされたりすると「やめろ!」と噛んだり、猫パンチで教育しています(笑)。今も昔も変わらず、一定の距離感を保ちつつ、娘を見守ってくれている(と思っています)。

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
娘1歳の頃。モフモフの快感を知ってしまった…。

ゴマの方は仔猫時代からなので、娘に甘えたり、くっつき虫になったり、とにかく距離感が近く、もしかしたら娘のことを猫と思っているか、または、自分が猫だと思っていないか、なのではと思います(笑)。

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
遊んであげてるのか、遊ばれてるのか…お互いが(笑)。

【ママに質問!】
2:愛猫たちに「寂しい思いをさせている」と感じたことはありますか?

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
娘8ヶ月の頃。兄ちゃん「箱取られた」。

大きくなった今でも、やはりどうしても子ども優先になってしまい、かまってあげられないときが多々あります。たくさん撫でてあげて、「いつもありがとうね、大好きよ」とお話ししたり、抱っこしたり、遊んであげるように心がけています。

【ママに質問!】
3:猫たちと暮らすため、家族と決めているルールはありますか?

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
娘3歳の頃。弟がやってきた。お互いにいい遊び相手。

ゴマが家族になるときは、娘の弟として迎え入れたので、「お姉ちゃんになるのだからたくさんかわいがって、大切にすること、お世話も手伝うように」と話しました。

子どもは特に、足元を見ていなかったり、きちんと見ないで扉を閉めようとしたりするので、ニャンズが踏まれたり、挟まれたり、ぶつかったりしないよう注意するように言い聞かせています。

もしぶつかってしまった場合はきちんと目を見て、撫でてあげて、「ごめんね」と謝るようにしています。

【ママに質問!】
4:猫たちと暮らすことで、お子さんにどんな影響があると思いますか?

特にゴマが来てから、パパ、ママ、兄猫、娘、弟猫という、「5人家族」という意識が強くなった気がします。やさしい気持ちと、いろいろな生き物に興味を持ち、好きなのは、猫たちと暮らした影響かなと思います。

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
娘1歳の頃。テーブル役に徹する兄ちゃん。

おもちゃや肌身離さなかった新生児枕を、マメちゃんの体に乗せる遊びには笑いました。3歳くらいまでずっとやっていました(笑)。おままごとの相手をさせられていて、いろいろな料理を振舞われていたことも印象深いです。

【ママに質問!】
5:猫たちと暮らしながら子育てをすることのメリットは、ズバリ何でしょうか?

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
娘1歳の頃。怪獣が寝ているおとなしいときだけはそっとくっついてくれる。

「癒し」に尽きます! 子どもに癒され、イラっとさせられ、ニャンコに癒されています。

【ママに質問!】
猫と暮らしたい! と考えているママさん・パパさんに伝えたいこと

【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
娘7ヶ月の頃。忍び寄るモンスター? ゆっくり寝てられない兄ちゃん。

ただただ大切にすると約束していただければ。命あるもの、わが子同様、愛してあげてほしい。ブームやノリだけで飼うのだけはやめてほしいなと思います。

▼愛すべき「うちのこ」たちに伝えたい! ママからのメッセージ
【いぬねこ うちのこ。】ちびマメちゃん(6歳) と猫のマメとゴマ/korokoronyaさん
「大好きよ。いつまでも長生きして、

娘が成人して、結婚して、孫を産むまで…

いやそれ以上、ずっと一緒にいようね」

ママより

korokoronyaさん、ありがとうございました!

大阪北部で発生した地震で被害にあわれたみなさまに、心からお見舞いを申し上げます。また、地震に驚いて家から逃げ出してしまい、迷子になってしまった犬猫ちゃんたちが、一日でも早くご家族のもとに戻ってくることを願っております。

ウーマンエキサイト「いぬねこうちのこ。」編集部
災害対策記事まとめ:
https://woman.excite.co.jp/feature/lifestyle/bousai_jishin/

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.