子どもを守る「もしも」のそなえ

もしも子どもが病気やけがをしたら? 万一のときの教育費は大丈夫? 知っておきたい「子どもを守る、そして家族の暮らしを守る」マネー知識、役立つ情報をお届けします。

特集へ戻る

「子どもが自転車で人にぶつかり、けがをさせてしまった…」他人ごとじゃない! リスクから家族を守る方法

[PR]

「子どもが自転車で人にぶつかり、けがをさせてしまった…」他人ごとじゃない! リスクから家族を守る方法

子どもが外で遊ぶようになるとヒヤリハットなシーンが増えますね。

小さな子どもの行動は予測不能! 興味を引くものがあれば衝動的にダッシュするし、ママの手を振りほどいて走り出すのも日常茶飯事。とくに自転車デビュー後は危険もさらに増えて、ママやパパは目が離せません。

▼真坂(まさか)家のケース
「子どもが自転車で人にぶつかり、けがをさせてしまった…」他人ごとじゃない! リスクから家族を守る方法
子どもの“万一”というと、「交通事故でけがをした」など被害者になるケースを思い浮かべる人が多いでしょう。でも、逆に相手にけがをさせてしまうことも…。子どもが加害者になるリスクは日常に潜んでいるんです。

子どもが自転車でぶつかって加害者に!?
日常に潜む高額賠償のリスク

子どもは危険予知能力が未熟で、どんなに気を付けていても事故を完全に防ぐのは難しいもの。

実際に子どもが自転車で歩行者とぶつかってけがをさせたり、他人のものを壊したりして、親が損害賠償を求められるケースはめずらしくありません。

「子どもが自転車で人にぶつかり、けがをさせてしまった…」他人ごとじゃない! リスクから家族を守る方法

(2013年神戸地方裁判所)

もっと詳しく見る >>
過去に帰宅途中の小学生が歩行者と衝突した事故がありました。転倒して頭を強打した歩行者は、意識が戻らず寝たきり状態に。裁判では約9,500万円の賠償命令が言い渡されました(2013年神戸地方裁判所)。

自転車事故によるこうした高額賠償事例は全国で起きています。

子育てママ・パパも安心!
こくみん共済の「個人賠償プラス」って?

もし、高額賠償になったらどうしよう…。そんなママやパパの漠然とした不安を解消してくれるのが、こくみん共済の「個人賠償プラス」月々200円で受けられる手厚い保障についてご担当者に伺いました。
「子どもが自転車で人にぶつかり、けがをさせてしまった…」他人ごとじゃない! リスクから家族を守る方法

こくみん共済「個人賠償プラス」は、子どもの病気やけがに備える「こども保障タイプ」に追加で加入できる保障です。

月々200円の掛金をプラスするだけで、最高3億円まで賠償リスクに備えられますよ。


\こくみん共済「個人賠償プラス」/
3つのポイント

「子どもが自転車で人にぶつかり、けがをさせてしまった…」他人ごとじゃない! リスクから家族を守る方法資料請求する >>

1. 掛金は月々200円

「個人賠償プラス」は月々200円。「こども保障タイプ」(月々1,200円)と組み合わせて加入でき、合計1,400円と手頃な値段です。
※「個人賠償プラス」単独の加入はできません。
※こくみん共済の各保障タイプとの組み合わせが可能です。

2. 最高3億円まで保障

手頃な掛金ながら保障が充実。最高3億円までの賠償リスクに備えられます。

3. 家族みんなが保障対象

1世帯で1人が加入すれば、生計を一にする同居の親族(※)が保障の対象に。ママパパ、兄弟姉妹、祖父母もOK。安心が大きく広がります。
※詳しい保障範囲はこくみん共済coop HPをご確認ください

実は交通事故以外でも、損害賠償責任を求められる事例はさまざま。たとえば、こくみん共済の個人賠償プラスの支払事例では、買い物中に子どもがお店の商品を壊してしまい、弁償を求められたケースもあります。

また、マンションの駐車場で誤って車を傷つけてしまうのもよくある事例です。

「子どもが自転車で人にぶつかり、けがをさせてしまった…」他人ごとじゃない! リスクから家族を守る方法
賠償額は数万円で済むものから、100万円を超えるものまで幅があります。

万一、億単位の高額賠償ともなれば、子どもや家族の将来設計や人生まで変えてしまうでしょう。日常に潜む賠償リスクに備えておくことは、わが子の未来を守ることにつながるのです。

子どもの身の回りに潜む
「賠償リスク」に確かな備えを

子どもの成長は嬉しい反面、新たなリスクや心配も増えるもの。家族の笑顔を守るには、日常に潜む賠償リスクへの備えが肝心です。

「子どもが自転車で人にぶつかり、けがをさせてしまった…」他人ごとじゃない! リスクから家族を守る方法
こくみん共済なら、「こども保障タイプ」に月々200円の掛金をプラスするだけで「個人賠償タイプ」へ加入でき、家族みんなの賠償リスクをカバー。子どもの健やかな成長を見守りながら、毎日を安心して過ごしたいママやパパにとって頼れる存在になってくれます。

\家族みんなのリスクに備える/
こくみん共済「個人賠償プラス」を見る

子育てをするママとパパを応援!
こくみん共済「個人賠償プラス」

「子どもが自転車で人にぶつかり、けがをさせてしまった…」他人ごとじゃない! リスクから家族を守る方法月々200円の掛金で、最高3億円の損害賠償まで保障されるこくみん共済の「個人賠償プラス」。1世帯で1人が加入すれば、家族みんなが保障の対象になります。

こくみん共済の各保障タイプと組み合わせて加入が可能です(※「個人賠償プラス」単独での加入はできません)。

多様な保障タイプの中でもお子さまのいるご家庭におすすめなのが「こども保障タイプ」(月々1,200円)です。「個人賠償プラス」(月々200円)をプラスしても月々1,400円。手頃な掛金で充実した保障内容が魅力。子どものけがや病気から、家族みんなの賠償リスクまで、“万一”をトータルでサポートします。
\家族みんなのリスクに備える/
こくみん共済「個人賠償プラス」を見る

▼「こども保障タイプ」って?

0歳から加入できるお子さまの総合保障です。入院・通院・手術の保障に加え、入院時の諸費用や骨折までサポート! さらに、育児の悩みから学習内容まで専門家へメールで相談できる「こども相談室」を無料で利用できます。 詳しくはこちら >>
「こくみん共済」 ここが魅力!
組合員のたすけあいの力をひとつにすることで、充実した保障を手頃な掛金で実現したのが「こくみん共済」です。年齢・性別にかかわらず、ムリなく加入することができます。また、医師の診断も不要なので加入手続きも簡単! 毎年5月末の決算で剰余が生じた場合、ご契約者さまには割り戻し金をお戻ししています。
「子どもが自転車で人にぶつかり、けがをさせてしまった…」他人ごとじゃない! リスクから家族を守る方法[PR]こくみん共済 coop
イラスト:ちょっ子 文:古屋江美子

※本記事に登場する人物とストーリーは、商品特長をお伝えする目的で作られたフィクションとなります

読者アンケートにご協力ください (全1問)

Q.1 「子どもが自転車で人にぶつかり、けがをさせてしまった…他人ごとじゃない!リスクから家族を守る方法」について、ご意見・ご感想をお聞かせください (最大1000文字)

 

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.