恋活・婚活で男性に好かれるために絶対すべきアクション3選!

2017年8月6日 11:00
 

人って、どうでもいい相手に対しては本当に適当な対応をしがちですよね。
しかし逆に、好きな人や信頼している相手に対しては、そうそう失礼な態度って見せないものです。

現金な話ですが、やっぱり嫌われたくないと思ったら、それ相応の言動を見せてしまうのが人間。
たとえば気になっている異性に対して、わざとそっけない態度を見せるなんてのは、小学生のやること。
それなりの年齢になれば、しっかりと相手に注目してもらうような言動をして、興味を引こうとするものです。

たとえばこれって、婚活の場面でも役立ちます。
気になる男性が現れたら、どうやったら自分を見てもらえるか、しっかりと考えて行動をしておけば、ライバルたちを出し抜くことが可能になります。

そこで今回は、基本と言えば基本だけど、絶対に見過ごしてはならない、婚活で男性に好かれるための言動について書いていきましょう。

■ 相手の目を見て笑顔で話せ!

目を見て話す


男性は誰しも、自分の目を見て話を聞いてくれる女性に「お、この子は感じがいいな」と思っちゃうものです。
初対面の男女がいきなり仲良くなるなんてのはかなり難しいことです。
少しでも距離を縮めるためには、しっかりと相手の目を見て話をする。これがかなり大事になってきます。

この際に笑顔もセットだったら、きっと婚活の場においては、狙った男性にかなりアピールすることも可能になるでしょう。
笑顔は何よりのお化粧です。
笑顔がまぶしい女性と、ブスッとして暗い女性。どっちが愛されるかは言うまでもありません。

■ 露骨に年収について聞こうとしない!

年収を聞かない

また、婚活の場には、しばしば男性に対していきなり年収を聞いてくる女性もいるようです。
大前提として、こういう物言いは相手に「なんだ、金目当てか」と思われて、すぐに逃げられてしまいます。
ですので、たとえ玉の輿狙いであったとしても、極力直接的な質問は避けるのが賢明でしょう。

それとなく職業を聞いておけば、その職業の平均年収をこっそり調べるなどして、おおよその見当もつくでしょう。
相手から全ての情報を聞き出すとやっぱり卑しい人に思われてしまうので、断片的な情報をたよりに、総合的な判断をしておくに限ります。心配しなくても、婚活に顔を出す男性の中にいるお金持ちって、結構聞かれるまでもなく自分からアピールしてくれますよ(笑)。

■ 運命の相手を探そうとしない方がいい…

運命の相手

人によっては、いい出会いに恵まれずに何度も婚活会場に足を運ぶ方もいるでしょう。
こういう人って男女ともに、凝り固まった運命の相手の理想的なビジョンに囚われすぎている傾向があります。

運命の相手が本当にいるのであれば、わざわざ婚活の場に出向く前に実際に出会っているでしょう。
世間のカップルなんてそのほとんどは、ぶっちゃけ口々に「運命の出会いだね」とか言ってますが、成り行きで交際関係になっただけですよね。

運命の相手は、本当に滅多に出没するものではないと思っておいた方がいいです。
その上で重要なのは、求めすぎないこと。
相手の年収やルックスなどの様々な条件を高く見積もりすぎると、男性の参加者から敬遠されてしまうことに繋がってしまいます。

運命の相手を探しに婚活会場に出向くというよりも、一緒に歩むパートナー探しとして顔を出す、ぐらいの気持ちでいた方が、きっと気持ちも楽になりますよ。

■ おわりに

ということで、今回は婚活で男性に好かれるための基礎的な言動について書いていきました。
まとめると、笑顔で相手の目を見て話し、年収についてしつこく問いただすことなく、その上で運命の相手を探しているといった重い雰囲気を相手に感じさせないこと。
この3つをしっかりと厳守していれば、もっと皆さんの婚活が成功に近づくことでしょう。

男性を追い詰めるのではなく、男性に気を許してもらい、そこから仲良くなっていく。
これを意識していくことが大事ということですね。(松本ミゾレ/ライター)

(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp)

新着まとめ
もっと見る
夜オンナの記事(外部サイト)

ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.