恋愛情報『寡黙でツンデレ。三毛猫の密かな愛情表現とは…【猫カレ】』

2018年11月8日 12:00

寡黙でツンデレ。三毛猫の密かな愛情表現とは…【猫カレ】

そして何より、どんな親御さんにも負けない声で
「がんばれえええええっ!!」とさけぶ、お前の声が聞こえるから。

剣道の道場とはいえ、交流試合で師範は戦わない。
だから師範である俺の試合は当然見られない。
公式の試合でもないから、座る席すら碌にない。

それなのにわざわざ見に来るなんて……。
よっぽどの変わり者だよ、お前は。

「声が大きすぎる。試合の邪魔をするな」
と、休憩時間にクギを刺したら
しおれた花のように、みるみる小さくなった。

――ム。
そういうつもりでは、ないんだが。

試合後半、静かになった会場で竹刀の音が響く。

だが、俺の耳にはしっかり届いた。
「がんばれ……!がんばれ……!」
こっそりと応援している、お前の声が。

なにせ猫だから、耳はいい。

ヒトの子どもは、大人より聞き取れる音域が広いそうだ。
だからきっと子どもたちにも、お前の声は届いているだろう。「「どうーーーー!」」

見事な打突。
最後まで決めきる、みごとな動き。
最後の試合で、道場の子が勝ちをもぎとった。

「すごかったね、最後の試合!」
笑顔が止まらない、という様子でお前が飛び跳ねる。

「――ああ」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.