恋愛情報『思いやりが大事。彼氏とケンカになる前に伝えたいひと言3選』

2021年7月17日 07:00

思いやりが大事。彼氏とケンカになる前に伝えたいひと言3選

相手のことをどれだけ好きだとしても、ケンカしてしまうことがなくなるとは言いがたいです。

思い切りぶつかり合ったため、仲直りするまでに時間がかかって大変な思いをした人もいるのではないでしょうか。

できればケンカになる前にお互いが思いやって、気持ちを伝え合いたいものです。

そこで今回は、「彼氏とケンカになる前に伝えたいひと言」を紹介します。

彼氏とケンカになる前に伝えたいひと言


■ 「どこがダメだったか教えてほしい」

「とくに何かした覚えがないのに彼がイライラし始めたときって、こちらが思ったことをそのまま言葉に出してしまうとほぼ100%ケンカになってしまうんですよ。

でも無駄なケンカをしたくないので、『あれ?』と思ったときは『私なにかしたかな?』とか『どこがダメだったか教えてほしい』なんて言い方をするようにしています。この言い方なら、イライラしている彼もきちんとこちらに向き合ってくれます」(28歳女性/美容師)

突然彼がイライラし始めたら、「私なにかしたかな?」という不安の気持ちがまず出てくるもの。

そのあとに表れるのが「何でそんなにイライラしてるの」という気持ちです。

自分のなかに湧き出すイラつきではなく、最初に表れた不安な気持ちを言葉にすることが大切でしょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.