2015年9月13日 23:00|ウーマンエキサイト

つきあう男性を絞りきれない女性が急増 「この人でいいの?」の解決策

内藤 里奈
ライター
内藤 里奈
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
アラサーの私たち。「結婚したい」「子どもがほしい」「既婚の友だちがうらやましい」と、婚活にも力が入る女性が多くなります。

合コンに街コンなど、とにかく出会いを求め、自分から積極的に行動範囲を広げていくのはとてもいいことですよね。

目次

・結婚のために出会いを増やすと、逆にひとりに絞れなくなるという悩み
・1.「ひとりが悪い」わけではない
・2.あら探しを始めたらきりがない
・3.本当に怖いのは「結婚」がゴールになること


つきあう男性を絞りきれない女性が急増 「この人でいいの?」の解決策

(c) shefkate - Fotolia.com


■結婚のために出会いを増やすと、逆にひとりに絞れなくなるという悩み

しかし一方、「男性をひとりに絞れない」と悩みを打ち明けてきた独身の友だちがいました。

「ひとりの男性としっかり向きあっておつきあいをし、結婚をしたい!」とは思っているものの、出会った男性すべてと連絡を取り、誘われるがままに食事に行き、次回の約束をしてしまう。

しかもこの現象は彼女だけではなく、彼女の友だちのあいだでも日常生活において普通にあることだというのです。

「誰がいいのかわからない。みんなピンとこないし、ここまで多くの人と出会うと、そもそも「ピン」が何なのかわからない」

「自分から好きになれると思った人に決めたいが、ひとりになることへの不安が勝ってしまい、複数の人と同時に連絡を取ってしまう」

恋愛・結婚に対して慎重になるがゆえに陥るこの状況。どうしてこのようなことになってしまったのでしょうか。そして、その解決策はあるのか、考えてみました。

1.「ひとりが悪い」わけではない

周りはどんどん結婚しているのに、自分だけ結婚・恋愛どころか、おつきあいをしている彼氏さえいない。これが不安の根源です。

「ひとりでいると時間が無駄になっている気がする」と思いがちですが、これは間違い。ひとりの時間を有意義にすることで心に余裕ができ、外に目を向けることができるようになります。

何よりひとりの時間を有意義に楽しく過ごしている女性は、とても魅力的ですよね。「ひとりがダメ」なんて絶対に思わないでください。
内藤 里奈
内藤 里奈の更新通知を受けよう!
確認中
内藤 里奈
内藤 里奈の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
内藤 里奈
内藤 里奈の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
内藤 里奈
内藤 里奈をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
内藤 里奈
内藤 里奈の更新通知が届きます!
フォロー中
内藤 里奈
内藤 里奈の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.