2015年9月29日 18:00|ウーマンエキサイト

母親からの辛辣な一言やワガママに我慢の限界を感じている女性へ 【心屋仁之助 塾】

人気の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロがほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。「ヒステリックな母親に疲れ果てた」という、あにゃさん(26歳・会社員)。心屋塾上級認定講師の心屋ジェニーさんがアドバイスします。

目次

・あにゃさんのお悩み
・心屋塾上級認定講師の心屋ジェニーさんより
母親からの辛辣な一言やワガママに我慢の限界を感じている女性へ 【心屋仁之助 塾】

(c)Konstantin Yuganov - Fotolia.com



■あにゃさんのお悩み

実の母親との関係に疲れ果てました。母は昔からヒステリックで、子供のころはよく叩かれたり、家から閉め出されていました。

気に入らないことがあると、テーブルを投げたり、壁を殴って穴を開けたり、もう死にますと言って家を裸足で飛び出すことも多々あり、探さなければ「死んだ方が嬉しいんでしょ!」とさらに切れます。 何事も思い通りにならないと、家の中で大暴れし、私たち家族(父、私、妹)は必死に落ち着かせようとしますが、何を言っても全て被害妄想して受け取られ、余計暴れるので、困り果てています。

そしてこの度私の結婚が決まり、とても喜んでくれたのですが、「私のときは全て親に決められて好きなように結婚式ができなかったから、あなたは自分のしたいようにしなさい」と言いながら、招待客に口出しし、母の同級生を14人も呼ぼうとするのです。そのため私が本当に呼びたい人は諦めなくてはいけなくなります。

母も楽しみにしているし、最後の親孝行と思って、母の同級生を招待しようと思いましたが、一生に一度、どうして記憶にも残っていない人を呼んで、私の大切な人を呼べないのだろうと悲しくなり、人数の関係で全員は呼べないかもしれない、どうにかならないか、と相談すると、「だったら私は遠慮します」「援助はしません」「二人のお好きなように」といった内容から始まり、「あんたみたいな人が子育てに失敗するんだよ!」「2度と帰ってくるな」「赤ちゃんが産まれても抱っこしない」などなど、20通近くのLINEが10分おきに送られてきました。

私は用事があり、ケータイを見ることができなかったので、溜まりに溜まったメールの山にうんざりしてしまいました。

こうやってヒステリーを起こした後、「ごめんね、昨日は言い過ぎた」と言われますが、そんな母にうんざりです。親子だから何を言ってもいいと思って、好き勝手に喚き、人が傷つくことを分かっていません。

「今薬を大量に飲んだので、もう終わりです」というようなメールがきたときには、不謹慎ですがほっとしてしまいました。絶縁したいです。でも結婚を控えていて、絶縁したら相手のご両親にどう思われるか、破談になるのではないかと思うとどうしたらいいか分かりません。もう疲れ果てました。助けてください。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.