2015年11月6日 21:00|ウーマンエキサイト

ピンチをチャンスに 不幸体質から抜けだした人がした4つのこと

金丸 標
ライター (イタリアコラムニスト)
金丸 標
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
不倫を2年ほど続けている知人女性がいます。切ない気持ちや罪悪感などの“恋愛語り”がはじまると、友人たちは「いいかげんにしたら!?」と、若干あきれ気味に。

目次

・1.離れていく友人たちを見て我にかえる
・2.ピンチをチャンスに
・3.過去の恋愛を書きだして自分の恋愛を分析
・4.「幸せにしたい人」を見つける


上をむいて笑う女性

© Eugenio Marongiu - Fotolia.com



イタリアでも「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩む人は少なくありません。なかでも、同じような失敗をくりかえすタイプの女性は“悲劇のヒロイン=私”というポジションが好きな人にしか見えず、裏では“イタい人”認定をされていることも。

ここでは、そんな“困ったちゃん”から卒業したひとりの女性が、どのように幸せをつかんだのかをお伝えします。

1.離れていく友人たちを見て我にかえる

2年半お付きあいがつづいたヤキモチ焼きのカレと別れた友人。付きあっていたころは、周りから「あの人はあなたに合ってない」と忠告されっぱなしだったそうです。

しかし、彼のヤキモチを“愛情のバロメーター”と思いこみ、友人たちの意見はシャットアウト。「彼の仕事を手伝っていたし、仕事もプライベートも順調だと思いこんでいたの」と語る彼女ですが、友人が離れていくことに違和感をおぼえたのがきっかけで、別れを決意したそう。

そのときに「ダメな恋愛に首までつかった自分に気づくことができた」といいます。誰しも、恋愛病の真っただなかでは、自分も周りも見えないことが多いもの。別れてひとりになったときこそ「何をやってるんだろう…」と我にかえる機会がめぐってくるようです。

2.ピンチをチャンスに

別れるときは「修羅場になった」と当時を振りかえる彼女。仕事を終えてバスで帰宅する途中、家の近くに彼の車が停まっているのを目撃したため、バスを降りずにローマ中央駅へUターン。身の危険を感じて、そのまま実家に戻ったそうです。

「恋人も仕事も、友人も失くしてしまった…。そんな自分が情けなくて」と、実家へ戻る電車のなかで泣きっぱなしだったそうです。

自分のプライドもなくしてしまった彼女ですが、ピンチはチャンスでもあります。そこまで傷ついて初めて「なんとかしよう」と、前へ進む気もちが生まれたのかもしれません。
金丸 標
金丸 標の更新通知を受けよう!
確認中
金丸 標
金丸 標の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
金丸 標
金丸 標の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
金丸 標
金丸 標をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
金丸 標
金丸 標の更新通知が届きます!
フォロー中
金丸 標
金丸 標の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.