2016年2月11日 07:00|ウーマンエキサイト

「俺の子供が欲しいなんていってたくせに、馬鹿野郎!」短歌に学ぶオトコ心

有朋 さやか
ライター
有朋 さやか
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

■恋の終わりを感じさせる水族館での逢瀬

「水族館(アカリウム)にタカアシガニを見てゐしはいつか誰かの子を生む器(うつは)」坂井修一(『ラビュリントスの日々』)

この作者は、恋の終わりを予感しているのでしょう。深い海に棲む「タカアシガニ」を見るのと同じまなざしで、彼女を眺めています。

「あいつは、いつか誰かの子を生むのだろう。でも、それはきっと、僕ではない誰かだろうな」。そんな、つぶやきが聞こえてきそうです。あくまで、情感を抑えた冷静な言葉の選び方に、センスが光っています。

とはいえ、うちに秘めるだけが短歌ではありません。次の1首も、恋人との別れを詠った作品ですが、切なさよりもパワーがみなぎっています。

■ときには、叫びたくなることも…

「俺の子供が欲しいなんていってたくせに、馬鹿野郎!」佐佐木幸綱(『群黎』)

青春映画のクライマックスを見ているかのような、ダイナミックな構図です。おとなになると、おもいっきり感情を相手にぶつけることは、なかなか難しいもの。

でも、この作者はやりきれない胸の内を大胆に表現しました。だからこそ、「馬鹿野郎!」と絶叫するこの作品に、ひかれるのではないでしょうか。

これから展開していく恋。客観的にうたう作品、おもわず叫びたくなる歌。1000組のカップルがいたら、1000通りの恋愛のかたちがあります。

時代をこえて通じあう「想い」をエネルギーにかえて、きらめく相聞歌(恋愛のうた)。ときには静かに、ときには激しく恋をうたっています。ぜひ、男性の心を理解するヒントにしてみてください。

有朋 さやか
有朋 さやかの更新通知を受けよう!
確認中
有朋 さやか
有朋 さやかの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
有朋 さやか
有朋 さやかの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
有朋 さやか
有朋 さやかをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
有朋 さやか
有朋 さやかの更新通知が届きます!
フォロー中
有朋 さやか
有朋 さやかの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.