2016年3月16日 12:00|ウーマンエキサイト

“過去のモヤモヤ”を出すのはNG! けんかのあとにふたりの関係を良くするための方法

片瀬 萩乃
ライター (恋愛作家)
片瀬 萩乃
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こんにちは、恋愛作家の片瀬萩乃です。

目次

・“伝えたいこと”を伝えられていますか?
・気持ちを「喜怒哀楽」で整理する
・けんか両成敗! だからこそ、反省も大切


浜辺で手をつなぐカップル

© nadezhda1906 - Fotolia.com



前回は、けんかをしても関係が続くカップルと終わるカップルのちがいのひとつである「感情の出し方」を書きました。

今回は後編として、残りの「伝え方」「反省の仕方」をお話しします。

■“伝えたいこと”を伝えられていますか?

けんかによって気持ちがすれちがってしまうカップルの多くが、この伝え方をまちがえてしまっているからだと私は思っています。

では、うまくいくカップルの伝え方とのちがいは、どういうものなのでしょうか?

すれちがってしまうカップルは、過去の「モヤッと」を責めたてます。「あのときだってそうだった!」「今回だけじゃない!」「あなたはこんなこともした!」と、ここぞとばかりに掘りおこします。

そのためけんかの原因がズレてしまい、ヘタをすると原因が相手そのものへシフトしてしまいます。言っている側は、いままで言えなかったことを伝えられてスッキリしますが、言われた側は、嫌な気分しか残りませんよね。

けんかのときは、論点をずらしてしまうと、収拾がつかなくなってしまいます。

また、思っていること“だけ”を伝えるのは、自分の気持ちを伝えているようでいて、じつは表面的な部分しか伝えていません。そのため、本当の気持ちが伝わっていないのです。

「ひどいよ! 信じられない!」「どうして約束守ってくれないのよ!」。もちろん、思っていることです。しかし、これらは起こったできごとに対する感想にすぎません。

自分が「本当はどんな気持ち」で「どう感じたか」がまったく伝わっていないため、相手には「また怒らせてしまった」くらいにし思われず、スッキリしないのです。
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃の更新通知を受けよう!
確認中
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃の更新通知が届きます!
フォロー中
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.