恋愛情報『「自信家な男子はモテる理由」、あなたは何だと思いますか?』

「自信家な男子はモテる理由」、あなたは何だと思いますか?

2018年3月28日 11:00
 

関連リンク

・ベタ?いえ、モテの鉄板です。男が「こういう子、いいな」と思う気配り術とは
・離婚しやすい?結婚前に絶対チェックしておくべき男性のポイント4つ
・いつまでも告白を待ち続けるのは「悲劇」の始まりかも


自信ありげな男はモテる。

このフレーズは、男子向けの恋愛マニュアルの中では非常によく現れるものです。自分に自信がある男子は、たとえ顔がブサイクでも、とにかくバンバンいい女を口説いていく。美女と野獣のカップルは、世の中にはたくさんいる。

こんな調子で。

ただ私は、「自分に自信がある人はモテる」という結論の部分は共感できますけど、「それは、自信がある人がカッコいいから」という理由づけにはあまり納得がいきません。

そこには、もう少し深い理由があって、さらにそこから、私たちがどうやって「好きな人」や「一緒にいたいと思う人」を見つけ出していけばいいかというヒントになるものが得られる気がするんです。

■■魅力=ポジティブさ

自分に自信がある人。

以前私の知人が、まさにこういうタイプの人を好きになっていました。仕事がすごくできる人で、言ってみたら典型的な”俺様タイプ”な人。

彼女にその理由を聞いてみると、どうやら「絶対的に自分に自信を持っていて、『俺は誰よりもすごい』って本気で信じてる。もちろん私から見ても、他の誰から見ても『あなたよりすごい人はたくさんいるよ』って思うんだけど、そういうことじゃなくて、単に、何事に対してもその”勘違い”のおかげでポジティブにトライできているのが、すごく羨ましくて、自分もそうなりたいなって思ったから」というのが一因だったようです(もちろん顔もタイプとは言ってましたけどね)。

もちろん世の中の女性みんなに意見を聞くことができたわけでもないし、この知人が特殊だったのかもしれませんから、絶対的な答えだというつもりはありません。

だけど、自信家な男がモテる理由には、この”ポジティブさ”があるんじゃないかなというのはそのとき強く思いました。

自分に絶対の自信を持っていて、何をやるにも、「俺が正しいから、ひとまず俺についてこい」って迷いなく引っ張っていくことができる人というのは、一緒にいて頼もしいし、とくに、自分で行動を起こしたり、大きな決断をしたりすることが苦手なタイプの女子からすれば、すごく頼りになる。ひょっとして、その人のそばにいれば、ネガティブになりがちな自分もうまくその人の影響を受けてポジティブに変わることができるかも。だからこそ、魅力的でカッコよくて、一生のパートナーになってほしいって思う。

こう考えれば、私はやっぱり自信家な男子がモテることにはすごく納得ができるし、そういう理由で自信家男子に惚れる女子にも、すごく共感ができます。

■■自分は、どうなりたい?

「服がほしい!」と思って考えなしにショップに行ってしまえば、その場のテンションやお店の人の巧みな勧誘で(褒めてます)、”別に買うつもりもなかった服”までついつい買ってしまって、ハッと「あ、私は職場で着れる落ち着いたカーディガンが買いたかったんだった・・・・・・」と気づいてしまうようなことって一度くらいはあるんじゃないかと思いますが、これみたいなことも、恋愛では起こりがちなんですよね。

「恋をしたい」って思ってテキトーに男漁りをしてたら、ただ顔がタイプだからって理由でテキトーな恋をしてしまったり(そしてあっけなく失敗してしまったり)。

だから、私たちも「恋をしたい」と思うとき、きっとその裏には「恋をしたい理由」があるはずで、その理由に耳を傾けてみることは、すごく大切なんじゃないかなと思います。

この人と一緒にいると、自分が前向きになれるから、というさっきみたいな理由かもしれませんし、もっとシンプルに、この人といると笑顔になれるから、というものかもしれません。

また世の中には、英語が話せるようになりたいからという理由で外国人と付き合う人だってたくさんいます。「外国語を話せるようになる一番の近道は、その国の人と付き合うことだ」なんて冗談混じりでよく言われたりするくらいです。これは極端な例ですけどね。

その人との恋愛を通じて、どんなものを得たいか、その人を好きになることで、自分はどうなりたいか。

服と同じで、「とりあえずなんか服が着たいから買う」んじゃなくて、「服を着て、こういう自分になりたいからこの服を買うんだ」と。

恋愛も、それを通してなりたい自分に近づくためにするもの。ただ、顔がいいから一緒に歩いていて自慢だ、とか、セックスが気持ちいから、とかを理由にする恋は、なんかね。

もちろん、直感とひらめきだけでする恋をスリリングでロマンチックかもしれませんし、そういうのを否定する気はさらさらありませんが、こういう考え方を知っておくだけでもいいんじゃないかなと思って紹介させていただきました。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.