恋愛情報『エロさの正体を掴みたかったらアートを学んでみてはいかが?』

エロさの正体を掴みたかったらアートを学んでみてはいかが?

2018年3月31日 22:20
 

目次

・アートの歴史はエロスの歴史
・音楽や映画にも隠れエロス作品はたくさんある
・エロを学ぶことは恥ずかしいことではない
エロさの正体を掴みたかったらアートを学んでみてはいかが?


「エロい」女性でありたい。それはいやらしい意味ではなく、いつまでも色気を失わない艶っぽい女性でありたい、という意味で。

しかしながらエロスを学ぶというのはなかなかどうして難しいものです。まず誰に聞いたらいいかわからないですし、「エロくなりたい!」と公言するのもビッチと勘違いされるリスクもあります。

であれば、アートについて勉強してみるのもいいかもしれません。

■アートの歴史はエロスの歴史

アートって聞くとなんだか敷居の高いものに感じるかもしれません。アートが身近に感じない人にとっては手の出しにくい分野でもあります。

ただ興味深いのは、アートの歴史を辿ってみると、アートはどの国のどの年代であっても、少なからず「エロスの追求」の側面が存在しているという点です。

例えば、バレエ。バレエってそれこそ高尚で文化人の芸術って感じがしますが、バレリーナはかつて「娼婦のやる仕事」だったのです。

バレリーナの絵画といえば、エドガー・ドガの「舞台の踊り子」が有名です。

踊り子の裏に立っている黒い男性。彼の正体はパトロンであり、舞台袖で踊り子を値踏みしているのです。

一見すると華やかで美しい女性が踊っている絵画に見えますが、少し視点をずらすとそんな実態が浮き彫りになります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.