恋愛情報『読者「娘を連れて不貞というのが最低」「私なら子どもを連れて家を出ます」|夫が“長時間の散歩”で出かけた先は』

読者「娘を連れて不貞というのが最低」「私なら子どもを連れて家を出ます」|夫が“長時間の散歩”で出かけた先は

目次

・夫への違和感……
・しかし夫は知っていて……
・夫がついた噓
・ママ呼びを知る理由とは?
・浮気相手をママと呼ばせていた
・この漫画に読者からは
読者「娘を連れて不貞というのが最低」「私なら子どもを連れて家を出ます」|夫が“長時間の散歩”で出かけた先は

多くの人がわが子の成長をそばで見守りたい、と感じるはすです。
しかし夫が、“幼いわが子を連れて”愛人と浮気をしていたら……?

今回はサレ妻リナ(@rina_saretsuma)さんの大人気漫画シリーズ【娘が初めてママと呼んだのは、別の女でした】をお届けします!

・原作:りなさん(@rina_saretsuma)
・漫画:ane(@anerie_pic)

夫への違和感……

浮気を疑っていなかったリサですが、仕事帰りの夫から漂う香水のにおいに違和感を抱き始める。

そんなある日、彼女は幼い娘から初めて「ママ」と呼ばれたことに喜ぶも、夫は娘のママ呼びをすでに知っていて……?

読者「娘を連れて不貞というのが最低」「私なら子どもを連れて家を出ます」|夫が“長時間の散歩”で出かけた先は


読者「娘を連れて不貞というのが最低」「私なら子どもを連れて家を出ます」|夫が“長時間の散歩”で出かけた先は

しかし夫は知っていて……


読者「娘を連れて不貞というのが最低」「私なら子どもを連れて家を出ます」|夫が“長時間の散歩”で出かけた先は

夫がついた噓

実はこのとき、夫は嘘を吐いていました。
一体なぜでしょうか、夫が娘の“ママ呼び”を知っていた理由とは?
ヒントとして、夫は連日娘を連れて長時間の散歩に出かけています……。


ママ呼びを知る理由とは?

読者「娘を連れて不貞というのが最低」「私なら子どもを連れて家を出ます」|夫が“長時間の散歩”で出かけた先は

浮気相手をママと呼ばせていた

平穏な日々を過ごしていたリナですが、その裏で夫は長時間の散歩で浮気相手のところへ娘とともに行き、「ママ」と呼ばせていたのです。
しかしその後、スマホを肌身離さず持ち歩くようになった夫に、彼女は不審感を抱くようになるのでした……。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.