汚い部屋にイライラ…! 子どもの片付け力を育てるまとめ

© famveldman - stock.adobe.com

汚い部屋にイライラ…! 子どもの片付け力を育てるまとめ

子どもが片付けをしないために、散らかったリビングや子ども部屋を見て怒鳴ってばかりのママも多いと思います。イライラしたり、「ちゃんと片付けて!」と言っても、片付けができないのには原因があるはず。そこで、子どもにも伝わる片付けのメソッドとテクニックをまとめました。

すすんで片付ける子どもになる方法

“片付け嫌い”な子どもにさせないために 「NGワード」と「おすすめワード」毎日掃除や片付けをしても、エンドレスで散らかす子どもたち。イライラしてつい「早く片付けなさい!」なんて怒ってしまうことはありませんか? しかしその言葉が、子どもをますます「片付け嫌い」にさせているかもしれません。「片づけ嫌い」を克服した元インテリアコーディネーターで、現在は心屋認定講師のおむらちもさんが、「子どもの片付け嫌い」について、心理面からアプローチします。こんにちは。心屋塾認定講師のおむらちもです。私は、インテリアコーディネータになる前も後も、片づけが大の苦手で部屋をきれいに保つことができませんでした。しかし今では、「心」にアプローチし、思い込みのブロックを外すことで、小さい子どもがい…
【特集・小倉優子さん】“お片づけ育”で子どももママもハッピーに!整理収納アドバイザー・小脇美里さんとの対談(後編)ライフスタイリスト/整理収納アドバイザー・小脇美里さんとの対談、後編。連載最後となる今回は、小倉さんが抱えている収納やインテリアの素朴な疑問について、小脇さんがマル秘アイデアを紹介しながら、解決していきます。家の収納のお悩みが、小脇さんのテクニックで改善できるかも⁉︎スペースが限られていても、きれいに整理整頓はできる!小倉優子さん(以下、小倉さん):実は、引っ越しした今の家の収納が少なめで、トイレに収納がなかったんです。今まで、あって当然だと思っていたので……。ちゃんと確認していなかった私のミスなんですが……。トイレットペーパーなどのストックをしまう場所がなくて、フタ付きのカゴをいくつか買いま…
【特集・小倉優子さん】“お片づけ育”で子どももママもハッピーに!整理収納アドバイザー・小脇美里さんとの対談(前編)連載1回目で「息子のおもちゃ収納に困っています」とお悩みを打ち明けてくれた、小倉優子さん。今回は、同じ働くママであり、ライフスタイリスト/整理収納アドバイザーとしても活躍中の小脇美里さんと、育児、そして小倉さんがお悩みのお片づけについて、語り合ってもらいました。ものには住所があった方がいい!?小脇美里さん(以下、小脇さん):小倉さんが、お子さまのおもちゃの整理にお困りとお聞きしました。小倉優子さん(以下、小倉さん):そうなんです。小さいころから集めている電車に加えて、今は戦隊ものブームというのもあり、どうしても増えていってしまって……。小脇さん:それは、ほぼ全てのママたちが抱えているお悩みだと…
2~6才でも5ステップで、自分で片付けられるようになる! 親子で楽しく“片づけ力”を身につけるには?物を大切に扱うことは、周囲の人を大切にする気持ちや自分の人生をていねいに歩む気持ちとつながっています。実はしつけのノウハウがぎゅっとつまっているお片づけ。そのコツを、保育のプロ・迫田圭子先生が教えてくれました。まずは大人が見本を見せて、子どもと一緒に楽しみながら実践してみましょう。“片づけ力”なぜ大事なの?「出す→使う→元に戻す」の流れは、すべての家事につながります。料理でも、洗濯でも、身支度でも、使ったものを戻すところまでが、一連の流れになります。これが苦痛なくできるようになることで、生活力が身につくのです。STEP1「これは誰のもの?」を“うれしさ”の中で伝えましょう片づけ上手さんへの道は…
お片付けをしない2歳の娘が、瞬く間に片づけ始めた「魔法の言葉」お片付けしたくない娘以前はすんなりお片付けしてくれていた2歳の次女ルル。しかしイヤイヤ期なのか、楽を覚えてしまったのか(笑)出典 : Upload By そらここの方法を試した途端、顔がパーッと明るくなり、得意げにお片付け開始!ついでに、6歳の長女もお片付け開始(笑)まさかここまで効果があるとは…!と驚きでした。お片付けした後毎回大げさに褒めていたら、最近は自らすすんでお片付けしてくれるようになりました。このままお片付けイヤイヤを卒業してくれるんじゃないか…とちょっと期待しているのですが、期待通りにいかないのが子育て。もうしばらく、このやり方にお世話になりそうな予感がします(笑)
【お片づけ先生直伝!#5】「自主的なお片づけを促す」5原則 ~子どもが判断できるよう促す3ステップ~小さな子どもが、使い終わったおもちゃを「自主的に片づけるなんてありえない」と思っていませんか?毎日の生活の中で、“節目ごとにきちんとお片づけ”をしていたり、“おもちゃなどモノの気持ちを考える”習慣がつきはじめると「自主的なお片づけ」が必ずできるようになります。それを後押しすることができるのは、お子さんの近くでいつも見守っているお母さんや先生の声かけになります。お片づけ先生流「子どもが自主的にお片づけができるようになる5つの原則」を各回、ポイントごとに詳しくお伝えしていきます。今回は、「要・不要を大人が決めるのではなく、子どもが判断できるよう促す」についてお話します。そもそも小さな子どもたちが、…
怒るのは逆効果! 子どもをその気にさせる「お片づけ」のコツ出したおもちゃはそのまんま、すぐにモノをなくしてしまう…。そんな我が子のありさまに、どうしたものかと頭を抱えているママたちは少なくないはず。いったいいつになったら自分で片づけできるようになるのか…。先輩ママたちに、子どもにお片づけをさせるコツをに聞きました!■子どもが片づけられないワケどこにどう収納したらいいのか、だいたい把握しているのに、なかなかできないお片づけ。その大きな原因は、その子の資質というよりは、「ママの指示出し」にあり。もしかしたら、注文が多すぎるのかもしれません。食事、着替え、トイレに歯磨き… と、たいていのことがスムーズにできるようになったとしても、幼い子どもはまだ、複数のこ…

子ども部屋&子どもグッズの片付けテク

子どものゲーム&おもちゃ収納術15選!これでガミガミなしの優しいママに♡せっかく収納を見直したのに、子どもが上手く片付けてくれない。「ちゃんと片づけて!」と毎日怒りすぎて疲れてしまった…。そんな風に思っているパパ&ママは多いかと思います。子どものゲームやおもちゃのお片付けは、多くの親が一度は悩む問題。でも、いつまでも親がせっせと片づけるわけにもいきませんよね。そこで今回は、楽しく&楽ちんにお片付けができるアイディアをご紹介。これなら子どもも嫌がらず、お片付けしてくれるかもしれません♡ぜひお試しください。子どもが自主的にお片付けできる環境を☆カゴにざっくりと細かく仕切りが入った収納アイテムは、子どもにとっては片付けがしづらいと感じてしまうことも。オススメなのは、少し…
文房具の収納実例18選♡ごちゃごちゃしない&探さない文房具の収納テクおうちでも使うことの多い文房具。小さい物だけに、ごちゃついてしまうという人も多いのではないでしょうか。また、なくしてしまったり、どこに片づけたのか忘れて探してしまったり、という人も少なくありません。そんな文房具の整理収納術をチェックしてみましょう。ごちゃつきがちな文房具、どう収納してる?文房具は小さい物が多いため、収納方法が難しいものです。なくしたり、必要なときに探し回ったり、そんな経験がある人もいますよね。みなさん、どこに文房具をしまっているのでしょうか。引き出しに整理多いのが引き出しの中にしまう方法です。立てて収納するペンやはさみなど長細い文房具は、立てて収納するという人も多いのではないで…
子どものアイテムをすっきりと収納できる!おすすめの100均DIYアイデア8選子どものおもちゃや文房具、ドリルなどをなかなか上手く片づけることができないとお悩みの方も多いと思います。そこで今回は、子どものおもちゃやドリルなどを収納できるアイテムの100均DIYアイデアをまとめました。子どものアイテムもすっきりと収納しよう!ぬいぐるみの収納こちらはどこの100均でも売っている焼き網と、ダイソーのメッシュスタンドを使って作ったぬいぐるみの収納アイテムです。焼き網を曲げたら、分解したメッシュスタンドをワイヤーで取りつけるだけで完成ですよ。ぬいぐるみだけではなく、本も収納できるのでおすすめです。文房具の収納空き瓶を文房具の収納アイテムとして使うとき、そのままだと少しもの足りない…
「子ども部屋のお片づけコンテスト」金賞受賞ママが教える子どもグッズの収納テク8ママのための雑誌『Como』とその姉妹サイト「暮らしニスタ」が実施したコラボ企画「子ども部屋のお片づけコンテスト」。その金賞を受賞した、整理収納アドバイザーの山口麻里さんのお宅で、実際の子どもグッズの収納術を拝見しました!子どもグッズの収納は期待どおりにいかないことが多いもの。気長に構えて作り変える心構えを持って「子ども収納は大人がベースを作ってあげて、実施に使うのは子ども。大人の期待どおりにはいかないことが多いですよね(笑)。ですから、『1回整えたら、これで決まり!』ではなく、気長に構えて作り変える心構えが大切と感じています。片づけをするとき、子どもが何に困っているのか、親が様子を見ながら収…

これを知ればいつでもきれいな子供部屋に!

子どものやる気アップ! 年度替わりのリセットお片づけそろそろ年度替わりの時期ですね。子どもたちも、進級進学でワクワクドキドキしているのではないでしょうか?そんな期待に胸ふくらむこの時期におすすめしたいのは、「年度替わりのリセットお片づけ」です。今年度のがんばりを振り返りつつ、新年度を真新しい気持ちで迎えるために、いるモノものいらないモノを判断し、モノやお部屋をリセットするのです。わが家でも毎年行っていますが、気持ちの良い新年度を迎えるのに、とっても効果的だと感じていますよ!最適日は春休み初日リセットお片づけの最適日は、春休みの初日です。初日が難しければ、春休みに入ってなるべく早いうちがいいですね。子どもたちは、年度末に学校や幼稚園からたくさんの…
小学生のリビング収納のヒント! 新一年生のリビング学習スペースづくりランドセルにデスク、教科書、文具…などなど、子どもが小学生になるタイミングでは必要なモノも増えます。限りあるスペースにどうやって収納するか、迷っている方がいらっしゃるかもしれません。そこで、この春新1年生になるお子さんがいるお片づけのプロ、本田和さんのご自宅におじゃまし、子どもが使いやすい&片づけやすい学用品の収納方法を実際にお見せいただきました。お話をうかがったのは…本田和(ほんだ・かず)さんパーソナルスタイリングサロン「フルリール」主宰。整理収納アドバイザー1級、ルームスタイリスト1級。自宅を開放してのお片づけセミナーや、骨格、パーソナルカラーに基づいたパーソナルスタイリングを手掛…
【お片づけ先生直伝!#3】「自主的なお片づけを促す」5原則 ~子どもが片づけられる「仕組み」をつくる~小さな子どもが、使い終わったおもちゃを「自主的に片づけるなんてありえない」と思っていませんか?毎日の生活の中で、“節目ごとにきちんとお片づけ”をしていたり、“おもちゃなどモノの気持ちを考える”習慣がつきはじめると「自主的なお片づけ」が必ずできるようになります。それを後押しすることができるのは、お子さんの近くでいつも見守っているお母さんや先生の声かけになります。お片づけ先生流「子どもが自主的にお片づけができるようになる5つの原則」を各回、ポイントごとに詳しくお伝えしていきます。今回は、「子どもが片づけられる仕組みをつくる」についてお話しします。そもそも小さな子どもたちが、どうしたら自主的にお片づ…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.