経過観察でも入れるがん保険・医療保険を紹介!要経過観察との違いや告知書も解説

がんになる人が多いことを耳にしていても、自分にはがん保険の加入は早いだろうと考えてしまい、がん保険への加入を先送りしている人もいるかと思います。

そんなときに、健康診断で自分が要経過観察状態であると診断を受けてしまうと、健康なうちにがん保険に入っておけばよかったと後悔してしまうものではないでしょうか?

要経過観察の状態になると、
  • 要経過観察でも入れるがん保険や医療保険があるのか不安
  • 要経過観察でも入れるがん保険や医療保険には、どんな告知が必要なのか不安
といったことで悩む方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は「経過観察でも入れるがん保険医療保険」について
  • 要経過観察と経過観察の違い
  • 要経過観察でも入れるがん保険医療保険がある
  • 要経過観察でも入れるがん保険や医療保険に加入するメリットデメリット
  • 要経過観察でも入れるがん保険や医療保険には、どんな告知内容が必要になるか
といった内容について解説いたします。

要経過観察の状態でも、加入できるがん保険や医療保険があるのか不安になるかと思いますが、今回は要経過観察でも入れるがん保険について解説しますので、最後までご覧ください。

内容をまとめると

  1. 経過観察は3か月や6か月といった短期間で医療機関を受診し検査を行う必要がある状態で、要経過観察1年後の健康診断で確認しても大丈夫な状態 
  2. 要経過観察中にがん保険に入れるか不安な場合は、保険会社に事前審査をしてもらったり、複数の保険会社に申込むとよい 
  3. がん保険には、一般的ながん保険引受基準緩和型保険無告知型保険がある 
  4. 一般的ながん保険よりも、引受基準緩和型保険や無告知型保険は保険料が割高で保障が不十分になってしまうので、加入を考えるなら一般的ながん保険を検討する 
  5. がん保険に加入しておくと、がんの再発時に保障を受けられたり、給付金の給付があるので持病の治療に専念できる 
  6.  無料保険相談を利用すれば、プロと一緒に複数の保険を比較して入る保険を決められる
  7. 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう! 
おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

がんの要経過観察とは?経過観察と要経過観察の違いは?

がんの要経過観察とは、がんの所見が見られた箇所が腫瘍にならないか、またはがんの再発が確認されないか観察する期間のことを指します。


確認された所見ががんの腫瘍になった場合や再発した場合は、抗がん剤治療や腫瘍の摘出術などの治療をおこなうことになります。


腫瘍が取り除けたとしても、がんは再発転移する可能性がある病気です。そのため、ある一定期間は患者の経過を観察する期間を設ける必要があり、この期間を経過観察といいます。


経過観察と要経過観察の違いについてですが、日本予防医学協会によると要経過観察より判定区分が高いのが経過観察であるとされています。


簡単に説明しますと、

  • 要経過観察:確認された所見については、1年後の健康診断で確認する必要がある
  • 経過観察:確認された所見について、3か月ないし6か月の間隔で医療機関を受診する必要がある

といった違いがあるということです。


要経過観察は初見の状態の確認を1年くらい間を空けて診察しても問題はないけれど、経過観察だとさらに受診期間を短くして所見の状態を確認する必要があるということになります。

がん保険を検討中のときに、要経過観察の結果が出た場合の対処法

がん保険を検討中のときに、要経過観察の結果が出た場合の対処法について解説いたします。


がん保険への加入を検討中のときに、要経過観察の結果が出た場合は、

  • 保険会社に事前審査をしてもらう 
  • 複数の保険会社に申込む 

といった対処法をおこないましょう。


要経過観察でも入れるがんがあるか心配になる方も居るかと思います。たしかに身体的に問題を抱えていない状態の方が、保険に加入しやすいのは確かです。


ですが、保険へ加入できる審査については保険会社によって細かい基準が異なります。ですので、要経過観察になったとしても諦めず対処法を活用して、がん保険への加入を目指しましょう。


要経過観察に関する保険選びに不安がある方は持病チャット相談を利用するのがオススメです。


持病チャット相談を使えば面倒な手続きなしで保険のプロに相談できます。


興味がある方はぜひLINEに追加して保険について相談してみて下さい。

事前審査をしてもらう

要経過観察でも入れるがん保険を見極めるためには、保険会社に自分の健康状態が加入に問題ないか事前審査をしてもらいましょう。


要経過観察は、経過観察と違って健康診断の数値が正常の範囲外にある状態ですが、いますぐ治療を必要としない状態です。


したがって経過観察よりも保険に入りやすい状況とはいえます。ですが、要経過観察でも入れるがん保険があるのか気になる方もいるのではないでしょうか?


実は、保険会社によって加入できる条件というのは違っているので、要経過観察でも加入できるかどうかは保険会社に確認してみないと分かりません。


もし加入したいがん保険があれば加入手続きをおこなう前に、保険会社の窓口に自分が要経過観察状態であることや現在の健康状態などを伝え、希望のがん保険に加入できるか問い合わせをおこない事前審査をしてもらうようにしましょう。

複数の保険会社に申込む

要経過観察でも入れるがん保険を見極めるためには、複数の保険会社に申し込んでみるという方法を試してみましょう。


お伝えしていますが、がん保険の加入基準というのはある程度基準となるものがありますが、細かい基準については保険会社によって異なっています。


したがって要経過観察という状態でも、ある保険会社では審査が通らずに加入できない場合でも、ほかの保険会社では審査が通り保険に加入できるということもありえます。


ですので、がん保険に加入しようとして保険会社の審査を受けて通らなかったとしても、諦めず複数の保険会社に申し込んでみましょう。

要経過観察でも入れるがん保険はあるのか?

ここでは、要経過観察中でも入れるがん保険について解説いたします。


がん保険には、

  • 一般的ながん保険
  • 引受基準緩和型保険
  • 無告知型保険

といったタイプの保険があります。


要経過観察になってしまうと、一般的ながん保険には入れないと考えて最初から基準緩和型保険や無告知型保険を最初から検討してしまう方もいるかもしれません。


ですが、要経過観察中だとしても病気の状態や保険会社の基準などによっては、一般のがん保険でも入れるケースもあります。


ですので、要経過観察中だとしても諦めず一般的ながん保険への加入をチャレンジしてみましょう。


その上で、一般の保険に入れなかった場合に加入条件の緩い基準緩和型保険無告知型保険を検討することをおすすめします。


要経過観察に関する保険選びに不安がある方は持病チャット相談を利用するのがオススメです。


持病チャット相談を使えば面倒な手続きなしで保険のプロに相談できます。


興味がある方はぜひLINEに追加して保険について相談してみて下さい。

要経過観察でも入れるがん保険の種類

要経過観察でも入れるがん保険として引受基準緩和型保険無告知型保険が上げられます。


要経過観察中ということで、一般的ながん保険に加入することが難しいケースもあります。


その場合には、

  • 引受基準緩和型保険
  • 無告知型保険

といった保険を検討しましょう。


引受基準緩和型保険は、一般的ながん保険よりも告知内容がシンプルで条件も緩くなっていますし、無告知型保険は告知が無い保険なので、要経過観察中でも加入しやすくなっています。


ですので、どうして要経過観察中でもがん保険に入りたい場合は、これらの保険への加入を検討してみましょう。

引受基準緩和型保険

引受基準緩和型保険は、持病既往歴があっても告知条件をクリアすると加入できる保険です。


保険に入ろうとすると健康告知をする必要があります。一般的ながん保険の場合は持病や既往歴が原因で加入が難しくなっています。


ですが、引受基準緩和型保険は持病や既往歴があったとしても設けられている告知をクリアできれば加入ができます。


設けられている告知内容は

  • 最近3ヶ月以内に入院・手術・検査・先進医療を医師にすすめられたことがあるか
  • 過去2年以内に入院をしたことがあるか 
  • 過去5年以内にがん・肝硬変・慢性肝炎で医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか

といった内容になります。


このように、一般的ながん保険よりも申告する告知が少なっていますし、条件をクリアしていれば要経過観察でも入れるがん保険として引受基準緩和型保険は有効的な保険だといえるでしょう。


上記の説明でも「いまいちピンとこない」「詳しい説明が欲しい」という方は、持病チャット相談を利用するのがオススメです。


持病チャット相談を使えば面倒な手続きなしで保険のプロに相談できます。


興味がある方はぜひLINEに追加して保険について相談してみて下さい。

無告知型保険

無告知型保険は健康告知が要らないので、間違いなく要経過観察でも入れるがん保険だといえるでしょう。


無告知型保険は、一般的のがん保険や引受基準緩和型保険で設けられていた健康告知がありません。


ですので、無告知型保険は要経過観察でも入れるがん保険だといえます。無告知型保険には、入院や通院などにも対応しているタイプもあるので万が一の入院や治療に備えたい方におすすめです。


しかし、一般的ながん保険や引受基準緩和型保険よりも保険料が高くなってしまいますし、保障内容がほかのタイプの保険よりも限られています。


ですので、一般的ながん保険や引受基準緩和型保険を検討して加入できなかった場合に無告知型保険を検討するとよいでしょう。


上記の説明でも「いまいちピンとこない」「詳しい説明が欲しい」という方は、持病チャット相談を利用するのがオススメです。


持病チャット相談を使えば面倒な手続きなしで保険のプロに相談できます。


興味がある方はぜひLINEに追加して保険について相談してみて下さい。

要経過観察でも入れるがん保険や医療保険をご紹介

ここでは、要経過観察でも入れるがん保険や医療保険を具体的な保険名をご紹介いたします。


要経過観察でも入れるがん保険や医療保険があることについて取り上げてきましたが、実際にはどんながん保険や医療保険がよいのか判断が付きにくいという方も居るかと思います。


そこで、要経過観察でも入れるがん保険や医療保険として紹介したいのが、

  • アフラック「生きるためのがん保険 寄りそうDays」 
  • メットライフ生命「フレキシィゴールドS」 
  • ネオファースト生命「ネオdeいりょう健康プロモード」 

以上の商品です。


これらは要経過観察でも入れるタイプの保険になります。どのような保険なのか解説いたしますのでご覧ください。


アフラック「生きるためのがん保険 寄りそうDays」

アフラック「生きるためのがん保険 寄りそうDays」は、がん経験者でも入れる引受基準緩和型保険です。


がんを経験してしまうと、健康告知などもありがん保険に入りずらいと感じる方もいるのではないでしょうか?


アフラックの「生きるためのがん保険 寄りそうDays」は、がん経験者が入れる保険として宣伝していることもあり、がんに対する保障内容が充実しています。


ですのでがんの再発が心配な方で、アフラックの「生きるためのがん保険 寄りそうDays」の加入条件を満たしている方は、加入を検討してみましょう。

  • 保険の特徴1:がんの治療に対する充実した保障内容
  • 保険の特徴2:がん治療への相談や情報サービスが整っている


保険の種類引受基準緩和型保険
告知あり(質問に3つ答えるタイプ)
40歳男性月額保険料(入院給付5,000円)2,760円
40歳女性月額保険料(入院給付5,000円)2,500円

加入できる保険を確認されたい方、もっと詳細を知りたい方は持病チャット相談を利用するのがオススメです。


持病チャット相談を使えばLINEで手軽に保険に関する相談ができます。


興味がある方はぜひLINEに追加して保険について相談してみて下さい。

メットライフ生命「フレキシィゴールドS」

給付金の支払削減期間が設けられず告知内容が緩和されている引受基準緩和型保険に加入したい方は、メットライフ生命「フレキシィゴールドS」がおすすめです。


多くの引受基準緩和型保険には、給付金の支払いに対し一定の削減期間というものが設けられています。


これは、持病や既往歴がいままでない方に比べて、既に持病や既往歴がある方は病気の再発の可能性が高く給付金を支給するリスクが高いためです。


しかしメットライフ生命「フレキシィゴールドS」は、持病や既往歴がある方でも保険に加入しやすいように、給付金の支払削減期間を設けず1年目から給付金が全額支給されます。


また「フレキシィゴールドS」は、告知内容がほかの引受基準緩和型保険よりも緩くなっているので、持病や既往歴がある方でも安心して加入できるように配慮されています。

  • 保険の特徴1:給付金の支払い削減期間がない
  • 保険の特徴2:告知内容が緩和されている


保険の種類引受基準緩和型保険 
告知あり(質問に3つ答えるタイプ)
40歳男性月額保険料(入院給付5,000円)健康祝金なし Dプラン3,881円
40歳女性月額保険料(入院給付5,000円)健康祝金なし Dプラン3,596円


加入できる保険を確認されたい方、もっと詳細を知りたい方は持病チャット相談を利用するのがオススメです。


持病チャット相談を使えばLINEで手軽に保険に関する相談ができます。


興味がある方はぜひLINEに追加して保険について相談してみて下さい。

ネオファースト生命「ネオdeいりょう健康プロモード」

保険料の割引がある引受基準緩和型保険に入りたい方にはネオファースト生命「ネオdeいりょう健康プロモード」がおすすめです。


引受基準緩和型保険は、一般的ながん保険よりも保険料が高くなってしまうという特徴があります。


ネオファースト生命「ネオdeいりょう健康プロモード」は、保険の加入者が健康に対する見直しや維持、改善のきっかけとなることをコンセプトとしている保険です。


そのため、契約期間5年のうち入院や手術が5日未満ですと保険料が割引されるというシステムを取り入れています。


また、こちらの保険は引受基準緩和型保険の中でも充実した特約を用意しているので特約充実させた引受基準緩和型保険に入りたい方にはおすすめです。

  • 保険の特徴1:契約期間5年のうち入院や手術が5日未満だと保険料が割引される
  • 保険の特徴2:引受基準緩和型保険にもかかわらず特約が多い

保険の種類引受基準緩和型保険 健康割引後保険料割引額
告知あり(質問に3つ答える)
40歳男性月額保険料(入院給付5,000円) 5,381円3,815円1,566円
40歳女性月額保険料(入院給付5,000円) 5,062円3,301円1,761円


加入できる保険を確認されたい方、もっと詳細を知りたい方は持病チャット相談を利用するのがオススメです。


持病チャット相談を使えばLINEで手軽に保険に関する相談ができます。


興味がある方はぜひLINEに追加して保険について相談してみて下さい。

がんの要経過観察中にがん保険に加入するメリット

ここでは、がんの要経過観察中にがん保険に加入するメリットについて解説いたします。


がんの要経過観察中にがん保険に加入する場合のメリットとしては、

  • 入院給付金と手術給付金が給付されるので、持病の治療に専念できる 
  • 病気の再発も保障される 

といったことが上げられます。


がんの要経過観察中にがん保険に加入しておけば、

入院給付金と手術給付金が給付されるので、持病の治療に専念できるというメリットがあります。


さらに、がんの要経過観察中のがん保険に加入には、がんが再発したときに保険会社から保障を受けることができます。



入院給付金と手術給付金が給付されるので、持病の治療に専念できる

がんの要経過観察中にがん保険に加入しておくと、入院給付金手術給付金が給付されるので、持病の治療に専念できるというメリットがあります。


もし無保険の状態でがんが再発した場合は、入院費用や手術費用を全て自分の貯蓄で賄わなくてはなりません。


ですが、要経過観察中にがん保険に加入しておくと保険会社から入院給付金と手術給付金が給付されます。


それらの給付金を受け取ることができれば、持病の治療に専念できるというものです。がん保険の加入を検討中をしている最中に、がんの要経過観察中になってしまうとがん保険への加入に難しさを感じて諦めてしまいたくなるかもしれません。


ですが要経過観察でも入れるがん保険はあるので、がんの再発をした場合に備えて諦めずにがん保険への加入を目指しましょう。

病気の再発も保障される

要経過観察でも入れるがん保険に加入しておくと、病気の再発に対しても保障されるメリットがあります。 

要経過観察中の方には、がんの治療や手術が終わり経過観察から要経過観察の段階で落ち着いている方もいると思います。

それでも病気が再発した際には、入院や手術を再び行わなくてはいけません。要経過観察でも入れるがん保険には、持病や既往歴がある病気が再発された場合に対応した保障が用意されています。

ですので要経過観察でも入れるがん保険に加入しておけば、万が一病気が再発した場合に保障を受けることができます。

がんは完治するまで数年かかってしまうので、長期間再発のリスクがある病気です。そういったリスクに備えるためにも、要経過観察でも入れるがん保険に加入して保障を充実させ、病気の再発に備えましょう。

上記の説明でも「いまいちピンとこない」「詳しい説明が欲しい」という方は、持病チャット相談を利用するのがオススメです。

持病チャット相談を使えばLINEで手軽に保険に関する相談ができます。

興味がある方はぜひLINEに追加して保険について相談してみて下さい。

がんの要経過観察中にがん保険に加入するデメリット

ここでは、がんの要経過観察中にがん保険に加入するデメリットについて解説いたします。


がんの要経過観察中にがん保険に加入するデメリットとしては、

  • 一般的ながん保険に加入できないと、保険料割高になるケースがある
  • 一般的ながん保険よりも保障不十分なケースがある

といった点が上げられます。


一般的ながん保険に加入できれば、保険料をおさえられたり十分な保障を受けることがきます。


しかし、告知などで加入条件を満たせず引受基準緩和型保険無告知型保険に加入することになりますが、そういった場合になると一般的ながん保険よりも保険料が割高になったり保障が不十分になってしまうケースが多く見られます。


上記の説明でも「いまいちピンとこない」「詳しい説明が欲しい」という方は、持病チャット相談を利用するのがオススメです。


持病チャット相談を使えばLINEで手軽に保険に関する相談ができます。

興味がある方はぜひLINEに追加して保険について相談してみて下さい。

保険料が割高になる

がんの要経過観察中にがん保険に加入するデメリットとしては、保険料が割高になるという点が上げられます。

引受基準緩和型保険や無告知型保険と比較すると一番保険料が割安になるのが、一般的ながん保険です。

ですので、一般的ながん保険に入れれば保険料を抑えることができます。しかし、がんの要経過観察中ともなると、がんの再発など健康面でリスクが高くなってしまい保険会社によっては告知内容などが満たすことができず、加入ができないというケースが出てきてしまいます。

そうなった場合は一般的ながん保険ではなく、引受基準緩和型保険無告知型保険へ加入することになります。

しかし、どちらのがん保険も一般的ながん保険よりも保険金の給付の可能性が高くなるため、保険料を比較するとどうしても割高になってしまうのです。

保障が不十分な場合がある

がんの要経過観察中にがん保険に加入するデメリットとしては、保険の保障が不十分になってしまう場合があるという点です。

一般的ながん保険には、入院や手術への特約だけでなく高度医療に対する給付など、多彩な特約が用意されているので、自分に合ったがん保険をカスタマイズすることができるという良さがあります。

ところが、引受基準緩和型保険無告知型保険は、一般的ながん保険よりも用意されている特約が少ないという傾向が見られます。

がんの要経過観察中に加入できるがん保険としては、一般的ながん保険よりも引受基準緩和型保険か無告知型保険を加入する割合が高くなってしまいます。

そういった点で、一般的ながん保険に加入できず、引受基準緩和型保険や無告知型保険に加入することになると、一般的ながん保険に入るよりも保険の保障が不十分になってしまう場合が考えられます。

保険加入前の告知とは?また、告知義務違反とは

保険加入前におこなう告知告知義務違反について解説いたします。がん保険に加入しようとした時に、保険会社から健康状態既往歴について質問が書かれた紙が渡されます。


この用紙に書かれている内容が保険会社への「告知」となります。保険会社が運用している資金は契約者から集めた保険料などから成り立っています。


保険に加入している方の中で保険金の給付が必要となれば、多くの契約者から集められた保険料の中から保険金の給付がおこなわれます。


このような仕組みで保険金の給付がおこなわれていますが、要経過観察中の状態が一般的ながん保険に加入しようとすると、健康状態が良好的な方に比べて保険金の給付を受ける確率が高くなってしまいます。


そうなると、加入者同士での平等性が失われてしまうので、そういった不平等さを無くすために保険加入の際には告知が設けられています。


告知義務違反とは、告知をする段階で自分の健康状態や既往歴について虚偽の申告をして加入してしまうことです。


虚偽の告知を行い、保険に加入できたとしても保険会社によって虚偽の告知が暴かれた場合、保険金の給付がおこなわれないだけでなく、保険の契約も解除になってしまいます。


上記の説明でも「私の場合はどうなるんだろう」「詳しい説明が欲しい」という方は、持病チャット相談を利用するのがオススメです。


持病チャット相談を使えばLINEで手軽に保険に関する相談ができます。


興味がある方はぜひLINEに追加して保険について相談してみて下さい。

まとめ:要経過観察でも入れるがん保険はよく考えてから加入しよう

要経過観察でも入れるがん保険について、解説をおこなってきましたがいかがだったでしょうか?


今回の内容をまとめますと、

  • 経過観察3か月か6か月の間隔で医療機関を受診し検査を行う必要がある状態だが、要経過観察1年後の健康診断で確認しても大丈夫な状態
  • 要経過観察中にがん保険に入れるか不安な場合は、保険会社に事前審査をしてもらったり複数の保険会社に申込むとよい
  • がん保険には、一般的ながん保険・引受基準緩和型保険・無告知型保険がある
  • 一般的ながん保険よりも、引受基準緩和型保険無告知型保険は保険料が割高で保障が不十分になってしまうので、加入を考えるなら一般的ながん保険を検討する
  • がん保険に加入しておくと、がんの再発時に保障を受けられたり、給付金の給付があるので持病の治療に専念できる

といった内容になります。


要経過観察中になってしまうと、引受基準緩和型保険や無告知型保険への加入をすぐに考えてしまうかもしれません。


しかし、要経過観察中でも一般的ながん保険に加入できる可能性もあるので、まずは一般のがん保険を検討したり、保険のプロに相談してみましょう。

おすすめの記事