50代におすすめ&人気のがん保険!50代の男性・女性別でも、がん保険の選び方や必要性も解説

50代の方になると、入院や手術の保障を目的とした医療保険に加入している方がほとんどだと思います。

では、がん保険には加入していますか?

『そもそもがんになるかわからないのに月々お金を払うのがもったいない』

『今加入の保険でなんとかなるだろう』

と思っている方、実はがんの治療は医療保険の保障対象外となっているものが多いことをご存じでしょうか。

さらに最近は通院しながら治療する時代になってきており、通院保障が手厚い保険が主流です。

独身の頃に加入した保険だと、通院日数の制限があり保障の見直しの必要性があると思います。

そこで今回は50代の方におすすめしたいがん保険を、ランキング形式でご紹介します。

この記事では
  • 人気のがん保険ランキング5選
  • 50代に加入をおすすめする理由
  • がんになってからでも入れる保険
以上を紹介していきます。

この記事を読んでいただけたら、おすすめ商品の保障内容や加入の必要性を感じることができると思います。

がん保険を不要だと思っている方必見です。是非、最後までご覧ください。

内容をまとめると

  1. がん保険は一般的な保障をつけると、月々9,000円ほどの保険料が主流
  2. 50代以降はがんになる確率が上がってくるので、治療に特化したがん保険の加入をおすすめする
  3. がんは通院しながらの治療が今は主流なので、通院保障が手厚いものが安心
  4. がんになってしまってからでも、加入できる医療保険や少額短期保険も存在
  5. 50代以降はがんに備えて、プロと一緒に自分のライフスタイルにあった保険を検討することをおすすめ
おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

【他ランキング上位】50代におすすめのがん保険5選!一覧表で比較


こちらでは50代の方におすすめの商品を5つ、それぞれ保障内容などを簡単に紹介します。


まず月々の保険料ですが、例として50歳男性で保障期間を一生涯とした場合

保険料がん診断給付金
アフラック「生きるためのがん保険Days1」7,508円50万円
ソニー損保「シュア」9,932円100万円
ライフネット生命「ダブルエール」5,006円100万円
チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」7,969円100万円
東京海上日動あんしん生命「がん診断保障R」13,073円100万円

以上のようになります。


がん診断給付金とは、はじめてがんと診断されたときにもらえるお金です。


同じ設定で、今度は保障内容を見ていきましょう

入院・通院日額手術をうけたら
アフラック「生きるためのがん保険Days1」共に1万円10万円
ソニー損保「シュア」共に1万円20万円
ライフネット生命「ダブルエール」なし
10万円
チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」共に1万円10万円
東京海上日動あんしん生命「がん診断保障R」入院:1万円
通院:5,000円
20万円

以上のようになります。


オプションなどを含めた詳細説明は記事の後半にまとめましたので、最後までご覧ください。

50代にがん保険は不要?50代におけるがん保険の必要性


厚生労働省が発表した、2019年の人口動態統計月報年計の概況で日本における死亡原因の1位は悪性新生物(がん)でした。


この死亡原因の順位はここ20年変わることはなく、今や2人に1人ががんにかかってしまう時代です。


そこで、

  • 50代のがんになる確率
  • がん保険の必要性
以上について、詳しく説明します。

50代はがんになる確率が上がる

年齢別にみていくと50歳を境にがんになる確率が上昇する傾向にあることが、厚生労働省の調査で明らかになっています。


さらに国立がんセンターの調査でも、50歳の方が20年後までにがんで死亡する確率は5.5%という調査結果が出ています。


がんになってしまう原因は、遺伝的要因や食生活などさまざまですが統計的にこのような結果になっているのが現状です。


さらに、部位別にみていきますと

男性女性
第1位前立腺乳房
第2位大腸
第3位大腸

以上が50代でかかりやすい種類だと言われています。


このような結果を踏まえますと、がん保険の加入を検討するに値するでしょう。

がん保険はもったいないと感じている方へ

2017年度における医療給付実態調査では、15~64歳の方ががんで入院した場合の入院費は10,619円でした。


1万円前後だったら、今の医療保障でも足りるのでがん保険は不要と考えている方は注意してください。


実は、医療保険とがん保険では保障の目的が異なります


2つの違いを表にまとめました。

がん医療
給付対象悪性新生物(がん)がん以外の怪我や病気
入院支払限度無期限上限あり(180日など)
がんに対しての通院保障ありなし
先進医療など保険適応外の治療保障あり(特約)保障なし

ご覧の通り、通常の医療保障だけでは特約を付加してない限りがんになった場合の保障はされません。


がん保険はがんの治療に特化した商品であると言えます。

50代のがん保険の選び方!通院保障に注目する?


最近のがん治療は入院期間が短くなり、通院しながら治療するのが主流となっています。


平成29年度の厚生労働省による患者調査を見てみると、35~64歳の方ががんで入院した場合の平均入院日数は13.0日でした。


約20年以上前の平成8年のデータでは、同じ年代のがんによる入院日数は31.0日で約一か月間の入院が必要でした。


昔に比べると入院期間は、半分です。


通院日額における保険料の違いを見ますと

通院日額5000円通院日額10,000円
月々の保険料6,703円5,558円

月々1,000円ほど高くなってしまいますが、1日当たり通院にたいしてもらえるお金は2倍違ってきます。


抗がん剤やホルモン療法も日々進歩しているからこそ、選ぶポイントとして通院保障をおろそかにせず手厚い保障の商品を選ぶことをおすすめします。

50代におすすめのがん保険の保険料・保障内容を紹介


50代の方におすすめする商品を5つほど紹介します。


紹介するポイントは

  • 保険料
  • 保障内容
  • おすすめな特徴
以上を含めて説明します。

治療に対して通院保障はもちろん、選択肢に先進医療を考えている方はそのための特約などを付加していくと手厚い保障となります。

付加することで保険料は高くなりますが、必要だと思う特約を付加して紹介をしていきます。

紹介する商品は
  • アフラック「生きるためのがん保険Days1」
  • ソニー損保「シュア」
  • ライフネット生命「ダブルエール」
  • チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」
  • 東京海上日動あんしん生命「がん診断保障R」
以上です。

50代におすすめのがん保険①アフラック「生きるためのがん保険Days1」

保険料

50歳男性が加入しようとした場合

生きるためのがん保険Days1
保険料7,508円
がん診断給付金(複数回)50万円
入院日額10,000円
通院日額10,000円
先進医療自己負担額と同額(2,000万円まで)

このようになります。


保障内容

この商品のおすすめポイントは

  • 先進医療にかかる治療費が手厚い
  • 長引く治療でも安心
以上です。

このプランでは、放射線治療の一種である重粒子線治療自己負担になる先進医療をサポートしてくれます。

重粒子線の自己負担は約300万円ほどかかりますが、このプランですと通算2,000万円まで保障可能ですので十分カバーできます。

また特定保険料払込免除の制度があり、入院や通院が所定の条件に該当した時以後の保険料を払うことなく保障を受けることができるという制度です。

そのほかにも度重なる手術や抗がん剤治療をうけてお金がかかった場合、月ごとに10万円が通算600万円まで支給され治療が長引いても安心できるプランになっています。

50代におすすめのがん保険②ソニー損保「シュア」

保険料

50歳男性が加入しようとした場合

シュア(がん2倍プラン)
保険料9,932円
がん診断給付金(複数回)100万円
入院日額10,000円
通院日額10,000円
先進医療自己負担額と同額(2000万円まで)

このようになります。


保障内容

この商品のおすすめポイントは

  • 基本プランとがん2倍プランが選択可能
  • 保険料を一生涯固定か60歳からは半額のプランを選択できる
以上です。

2倍プランはがんに対する給付金が基本プランの2倍の額になっているプランです。

例えば基本プランに加入していてがんになってしまった場合、もらえるお金が50万円とすると2倍プランですと100万円になります。

保険料は上記の特約のまま基本プランにすると、月々の保険料は6,652円とお安くなります。

保険料も加入した時の金額から一生涯あがることのない商品ですが、60歳以上になり収入が現役時代より少なくなった時の負担を考えて半額になるプランもあります。

この場合

一生涯一定60歳から半額
~59歳まで9,932円15,002円
60歳~9,932円7,500円
このようになります。

老後に払うお金は節約できるので、家計に合わせてプラン選択できる商品です。

50代におすすめのがん保険③ライフネット生命「ダブルエール」

保険料

50歳男性が加入しようとした場合

ダブルエール
保険料5,006円
がん診断給付金(1回のみ)100万円
入院日額なし
通院日額なし
先進医療自己負担額と同額(2,000万円まで)

このようになります。


保障内容

このプランのポイントは

  • がん診断給付金を最大300万円まで選べる
  • 入院や通院保障がついていないので、他の商品に加入する必要がある
以上です。

この商品は、がん診断給付金が契約中に1回しかもらえませんが最大300万円まで設定できますので万が一の場合は他の商品よりもまとまったお金がもらえます。

注意しなければいけないのはこの契約はがんの治療の保障はありますが、入院や通院保障はありません

そこでライフネット生命が販売している、医療保障の商品(じぶんへの保険3:おすすめコース)を併用すると

ダブルエール+じぶんへの保険3
保険料17,068円
がん診断給付金(複数回)100万円
入院日額10,000円
通院日額10,000円
先進医療自己負担額と同額(2,000万円まで)
以上の金額ですが、がん以外の怪我や病気の入院や通院保障も兼ねているとても手厚いプランになります。

50代におすすめのがん保険④チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」

保険料

50歳男性が加入しようとした場合

終身ガン治療保険プレミアムDX
保険料7,969円
がん診断給付金(複数回)100万円
入院日額10,000円
通院日額10,000円
先進医療自己負担額と同額(2,000万円まで)

このようになります。


保障内容

このプランのポイントは

  • 入院前後の通院も保障
  • 自由診療の治療費もサポート
以上です。

退院後の通院のサポートだけではなく、入院する前の検査通院でも日額10,000円が保障される嬉しいプランです。

またこの商品には自由診療を受けた場合、月額20万円までお金がもらえます。

自由診療とは、欧米では認証されているが日本では未承認の薬や治療技術のことをいいます。

例えば健康保険の対象外の抗がん剤を試したい場合、通常は給付の対象外ですが自由診療もカバーしている商品ですので月額20万円まで給付対象です。

特約ではなく、基本プランに含まれているところがおすすめなポイントです。

50代におすすめのがん保険⑤東京海上日動あんしん生命「がん診断保障R」

保険料

50歳男性が加入しようとした場合

がん診断保障R
保険料13,073円
がん診断給付金(複数回)100万円
入院日額10,000円
通院日額5,000円
先進医療自己負担額と同額(2,000万円まで)

このようになります。


保障内容

このプランのポイントは

  • 使わなかった分の払った保険料が返ってくる
以上です。

70歳までにがんにならなかった場合、払ったお金が健康還付給付金として全額返ってきます。

もし、がんになってしまった場合でも払い込んだ全額から使った分が差し引かれた額が返ってきます。

健康で老後を迎えることができた場合、健康ボーナスという形でお金が返ってくるのはうれしいですよね。

(参考)癌になってからも入れる保険がある!


健康状態を理由に、がん保険の加入を断られた方でも契約できるがん保険を紹介します。

  • 富士少額短期保険株式会社:がんになっても入れるほけん
  • アフラック:生きるためのがん保険 寄りそうDays
この2つの商品はがんになったことがある人や、治療中の方も入れる商品です。

まず少額短期保険にあたる『がんになっても入れる保険』は、2つのタイプから選ぶことができます。

50歳男性 10年前に前立腺がんの治療を開始された方の場合

保険金額かわらないプラン保険料かわらないプラン
月々払うお金2,360円2000円
がんになったらもらえる額100万円847,000円
このようになります。

少額短期保険の商品の性質上、1年間の更新制のため保険料は更新のたびに変化しますが万が一の時に家族にお金を残してあげることのできる商品となっています。

次に医療保険『生きるためのがん保険 寄りそうDays』の紹介です。

50歳男性 過去にがんになったことがある方の場合
入院5,000円プラン入院10,000円プラン
月々払うお金3,300円6,600円
通院保障5,000円/日10,000円/日
手術・放射線治療時10万円/回20万円/回
以上のようになっています。

こちらは治療に特化した商品で、先進医療特約は月々241円で付加することで2,000万円まで保障可能です。

どちらの商品もがんになってからも入れる保険として、おすすめな商品になっています。

まとめ:50代におすすめのがん保険!


今回、50代におすすめながん保険について紹介してきました。

この記事のポイントは
  • 50代以降は、がんになってしまう確率が年々高くなっていくので是非加入をおすすめする
  • がんの治療に特化した商品の多くは、月々約9,000円程度の保険料で加入できる
  • 医療保険ではがんの治療は対象外
  • 治療中の方でも契約できる商品も多く存在する
以上です。

この記事で紹介した人気の商品は、保障内容や金額を自分でカスタマイズできるものが多く収入にあった保険料にすることができます。

このほかにも掛け金が手ごろな県民共済や、かんぽ生命で扱っている商品でもなども特約を付加することでがんに対しての保障ができますので加入している契約と見比べてみてください。

50代の方向けに説明しましたが、がんは若い独身世代でもかかる可能性のある病気です。

病気になる確率は年齢と共にあがっていきますが、若いうちから備えておけば月々に払うお金も安く病気に備える事ができますので加入を検討してみてはいかがでしょう。

おすすめの記事