学資保険の資料請求プレゼント(特典)・見積もり相談キャンペーンを紹介

子どもを育てるためには、何かとお金が必要になるもの。


そこで、学資保険に加入することを検討しているかと思います。 


いざ学資保険を探してみると、プレゼントキャンペーンを実施していることがあります。プレゼントキャンペーンは、利用したほうがいいのでしょうか? 


プレゼントが目的で加入しても問題ないのかも気になるところです。


学資保険のプレゼントキャンペーンは、加入するきっかけにもつながるのでおすすめです。


そこでこの記事では、
 

  • キャンペーンを行っている学資保険と行っていない学資保険は? 
  • プレゼントキャンペーンを利用するときの注意点 
  • プレゼントキャンペーンのよくある質問 
  • プレゼントキャンペーンを行っていないところに加入したほうがいいの? 
  • 学資保険加入の流れ 

以上のことを中心に解説していきます。
 

学資保険に加入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

内容をまとめると

  1. 学資保険プレゼントキャンペーンがある会社とない会社がある
  2. プレゼントキャンペーンで豪華なプレゼントを常に配っている場合は要注意
  3. 学資保険のプレゼントキャンペーンより現金がよい場合は、ポイントサイトがおすすめ
  4. 学資保険はプレゼントに左右されず、内容をしっかり確認して加入を検討する
  5. 学資保険のことをもっと詳しく知りたければ、無料保険相談で保険のプロの話を聞いてみるとよい
  6. 今ならスマホ1台で無料オンライン相談で簡単に悩みが解消される

おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

学資保険の資料請求プレゼント(特典)・見積もり相談キャンペーン一覧!


2020年にプレゼントキャンペーンを行っている学資保険は以下の通りです。

  • ソニー生命
  • フコク生命(みらいつばさ)
  • JA共済(こども共済)
  • 日本生命(ニッセイ学資保険)
これらの学資保険では、プレゼントキャンペーンとして様々な特典を用意しています。これから、順番にどんな特典があるのかや期間などについて解説していきます。

簡単にまとめた表はこちらです。
保険名特典
ソニー生命抽選で家電などがもらえる
みらいつばさハローキティのノベルティグッズ(フードカッター)
こども共済アンパンマンのお食事エプロン
ニッセイ学資保険ポケモンレシピ&ピカチュウを探せ!
子供向けの特典が多いと思いきや、大人向けの特典を取り扱っているほけん会社もありました。すでにキャンペーンが終わってしまっている場合もあるので注意してくださいね。

では、さっそく詳しく見ていきましょう。

ソニー生命の学資保険のキャンペーン

『ソニー生命の学資保険』では、無料相談だけで豪華なプレゼントを受け取れます。プレゼントキャンペーンの詳細はこちらです。

項目詳細
キャンペーン期間2020年9月1日~2020年10月31日
受け取れる特典ソニーデジタルHDビデオカメラレコーダーハンディカム「HDR-CX470」などの商品が抽選で150名にプレゼント
条件期間中に学資保険に関する無料相談の申し込みをした方(オンライン相談可能)

受け取れる特典には、先ほど紹介したビデオカメラ以外にも、アラジングラファイトグリル&トースターやダイソンの掃除機など、かなり豪華なものがそろっています。

必ずもらえるわけではなく、抽選で150名に当たります。それぞれ商品に何名に当たるのかも記載されていました。

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の資料請求プレゼントキャンペーン

フコク生命の学資保険、『みらいのつばさ』では資料請求でキティちゃんグッズをもらうことができます。プレゼントキャンペーンの詳細はこちらです。

項目詳細
キャンペーン期間2020年10月1日~2020年10月31日
もらえる特典ハローキティのノベルティグッズ(フードカッター)
条件「みらいのつばさ」の資料請求を行うと、先着1000名限定で受け取れる

フードカッターって、意外と必要な道具ですよね。しかも、ハローキティでとてもかわいいです。

抽選ではないので早めに申し込むことで、必ず受け取ることができます。先着1000名となっているので、まだまだ間に合うと思いますよ!

ぜひ、学資保険共に気になったら、資料請求してみてくださいね。

JA共済の学資保険「こども共済」

JA共済が取り扱ってる『こども共済』では、先着60000名様にアンパンマンのお食事エプロンをプレゼントしています。詳細はこちらです。


項目詳細
キャンペーン期間2020年4月1日~2021年3月26日
特典アンパンマンのお食事エプロン(オリジナルデザイン)
条件キャンペーン期間中にサイト内から資料請求を行うともらえる

1家族1枚までのプレゼントとなります。子供向けのアイテムを特典としていますね。


とてもかわいいデザインなので、きっと子どもも気にいることでしょう。0歳~3歳ごろまではどうしても食事エプロンを使う機会が増えるので、あって困らないプレゼントです。


キャンペーン期間もかなり長いので、ぜひチェックしてみてくださいね。

日本生命の「ニッセイ学資保険」

日本生命が取り扱っている『ニッセイ学資保険』では、ポケモングッズを特典としてもらうことができます。詳細はこちらです。

項目詳細
キャンペーン時期2020年7月27日~2020年11月24日
特典ポケモンレシピ&ピカチュウを探せ!
条件本人情報を記入した方、もしくは学資保険の相談申し込みを行った方へ


ポケモンレシピは、作ってあげると子どもが喜びそうですね。ピカチュウを探せ!も親子で楽しめそうなものになっています。


1人1つのプレゼントとなっています。学資保険は「ニッセイの学資保険」以外にも「ニッセイこどもの保険げ・ん・き」の相談申し込みも対象となります。

プレゼントキャンペーンをやっていない学資保険は?


プレゼントキャンペーンを行っている学資保険について解説してきましたが、もちろんですがキャンペーンを行っていない学資保険もあります。


キャンペーンを行っていないから、といって学資保険の加入検討から候補を外すのはもったいないと思います。


ここでは、

  • 明治安田生命の学資保険
  • かんぽ生命の学資保険
以上の2つのプレゼントキャンペーンを行っていない学資保険の特徴などを解説していきます。

明治安田生命の学資保険「つみたて学資」

学資保険のキャンペーンはやっていませんが明治安田生命が販売している『つみたて学資もおすすめです。

つみたて学資の大きな特徴は、保険料の払い込み期間は15歳までとなっている点です。最も長いプランで15歳なので、プランによっては15歳になる前に払い込みが終わるケースもあります。

保険料の払い込みが早めに終わるのは、とてもうれしいですよね。また、契約者に万が一のことがあれば、保険料の支払いは免除されます。

気になる返戻率ですが、加入時に一括で保険料を支払った場合で最大109.0%となっています。100%を超えるのはとても魅力的です。

返戻率が一番少なくても102%と、100%以上になります。教育資金を確実に受け取ることができるおすすめの学資保険です。

かんぽ生命学資保険「はじめのかんぽ」

かんぽ生命の学資保険『はじめのかんぽは、子どもの進学に合わせて祝い金を受け取れる学資保険です。


小学校入学、中学校入学、高校入学、大学入学に合わせて資金を受け取れるので、入学準備の資金繰りに困りません。


何かと購入品が増える入学時にはかなり助かりますよね。さらに、契約の際の要望に応じて保険料や支払期間を設定できます。


例えば、「12歳までに支払いを終わらせたい」「大学まで保険料を支払うので、毎月の保険料は安くしたい」などの要望にも応えてくれます。


気になる返戻率ですが、100%以下となってしまい元本割れしてしまいます。しかし、万が一のことがあれば保険料の支払いは免除ですし、希望すれば医療保障をつけることができます。


学資保険としてだけでなく、医療保障もセットでつけられることを考えれば返戻率も悪くないでしょう。


学資保険のことをもっと詳しく知りたければ、無料保険相談で保険のプロの話を聞いてみるとよいでしょう。今ならスマホ1台で無料オンライン相談で簡単に悩みが解消されます。

おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

学資保険のプレゼントキャンペーンを利用する際の注意点


相談した際にプレゼントを受け取れると、ちょっとうれしいですよね。しかし、学資保険のプレゼントキャンペーンを利用するときには注意したいことがあります。


注意点とは、

  • 一括資料請求は要注意!
  • 資料請求後の勧誘があるかも
以上の2点です。

一括請求で資料請求をしたほうが時短なので、利用を考えている方もいることでしょう。しかしそれだと、プレゼントを受け取ることができない場合があります。

さらに詳しく解説していきます。

一括資料請求できるサイトを利用すると、特典がもらえないかも

学資保険は、いろいろなサイトで比較することができます。その中で、一括請求を行えるサイトもあり、非常に便利ですよね。


しかし、一括請求を行ってしまうと特典を受け取れない可能性があります。キャンペーンの対象となる条件には、「公式サイトから申し込む」「下のURLから資料請求する」などの条件があります。


一括資料請求できるサイトとは、またURLが違う物となっているので残念ながら特典が受け取れない場合が出てきてしまうのです。


一括資料請求を行う場合は、プレゼントキャンペーンを行っていない会社のみにすることをおすすめします。


それぞれの保険会社で、どんなキャンペーンを行っているのか確認した後で応募したいものがあれば別途で応募してくださいね。

資料請求した後、担当者の訪問や電話がある可能性も

資料請求だけでプレゼントを受け取れる学資保険もあります。資料請求は、情報を入力すると保険の詳しい資料が送られてきます。

とても手軽で簡単なのでつい、資料請求してしまいがちですが、保険会社によってはその後訪問や電話などがある可能性があります。

どの学資保険に加入しようか検討している最中だと、ちょっと煩わしく思えてしまいますよね。電話だとまだいいですが、訪問されると断るのも一苦労です。

しっかりと自宅訪問は希望していないことやまだ検討中であること、加入するつもりがない場合はしっかり断るようにしましょう。

もちろん、資料請求を行ったとしても断ることは問題ありません。断るときは、「他の保険に決めました!」などとはっきり伝えるようにしてくださいね。

学資保険のプレゼントキャンペーンに関するQ&A


ここからは学資保険のプレゼントキャンペーンに関するよくある質問を集めました。それぞれ回答も用意しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


質問はこちらになります。

  • 担当者からの勧誘はある?
  • 個人情報はどうなっているの?
資料請求を行うとなると、やっぱりこの2つが心配ですよね。

特に個人情報なんかは、流出してしまわないかとても不安だと思います。詳しく解説してきます。

資料請求後、担当者から勧誘されるの?

資料請求を行ってプレゼントをもらった後、後日担当者から勧誘の連絡が来ます。勧誘が来たとしても、必ず加入しなくてはいけないというわけではないので安心してください。


学資保険というのは、子どもの状況や今後の子どものライフプラン計画などの細かい情報から加入を検討しなくてはいけません。


複数の会社の学資保険資料を比較して、しっかり自分の目で見極めて加入することが重要です。そのため、プレゼントをもらったから、勧誘されたからといって加入するのはやめましょう。


子どもにどれくらいお金が必要になるのか、大学進学は考えているのかなど大まかでもいいのでお金の流れを決めて保険加入を検討してくださいね。

個人情報は大丈夫?

資料請求を行う際、住所や名前、年齢、性別、家族構成などを記載する場合があります。そういった個人情報を入力するのは少し抵抗がありますよね。

現在、個人情報の取り扱いは昔よりかなり厳しくなっているので流出などの心配はほとんどないと思っていいでしょう。

その会社ごとに個人情報の取り扱い方法などを公式サイトへ掲載しています。プライバシーポリシーなどをしっかり読んでおけば、より安心です。

それでも、子どもの詳しい情報や年齢など多くの個人情報を渡すことになります。いくら流出のリスクが減っているとはいっても、必ず起こらないとは言い切れません。

無料でプレゼントが受け取れたり、資料を受け取れるのは非常に便利ですが、自分たちの個人情報と引き換えていることを忘れないようにしてくださいね。

学資保険のキャンペーンをきっかけに、加入することを考えているなら、無料保険相談で保険のプロの話を聞いてみるとよいでしょう。今ならスマホ1台で無料オンライン相談が利用できますので、一度試してみてください。
おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

学資保険の相談は、キャンペーンをしていないところの方がよい?

学資保険には、プレゼントキャンペーンを行っている会社と行っていない会社があります。


保険会社がプレゼントとして提供しているものは、いろいろな規制や条件をクリアしたものとなります。プレゼントを受け取る側には、特に規制などはないので安心してください。


しかし、プレゼント付きの学資保険への加入は、しっかり考えて加入しなくてはあとで困ってしまうかもしれません。


ここでは、注意したいポイントとして

  • 豪華すぎるプレゼントは怪しい!
  • プレゼント目的の加入はおすすめできない
について解説します。

必ずしもプレゼントなしの会社のほうがいいというわけではありませんので、参考程度にしてみてくださいね。

豪華すぎるプレゼントに注意

基本的にプレゼントには、商品券やギフト券は禁止されています。ですが、あまりにも高額商品をプレゼントとしている会社は注意したほうがいいです。

一般的な儀礼の金額範囲を超えていると判断されれば、企業の法令順守的に健全ではないと考えられます。そうなれば、いずれ監督官庁などの調査が入ってしまう恐れもあります。

豪華なプレゼントを商品にしている理由は何なのか、考えてみるとわかりやすいかもしれません。例えば、数百円のプレゼントを行っている会社は、保険商品や相談窓口のスタッフの技術力に自信があるのかもしれません。

逆に言うと、豪華なプレゼントを渡さないと保険加入者を増やすことができない会社なのかもしれません。

あくまで憶測になってしまいますが、そういった会社があるのであれば口コミや評価を確認したうえで加入を検討するといいでしょう。

プレゼント目当ての加入はNG

豪華なプレゼントや些細なプレゼントでも、やっぱりあるとお得に感じるので加入してしまうかもしれません。


ですが、保険というのはこれから10年、20年と長く付き合っていくものです。途中で契約を辞めてしまえば損失になってしまいます。


たった数百円、数千円のプレゼントやその時は欲しいと思った豪華なプレゼントに目がくらんでしまい、これから先ずっと継続して大きな買い物をしていかなくてはいけなくなるかもしれません。


その保険商品が、本当に自分たち家族にとって必要なのであれば問題ないですが、プレゼントがもらえるからといって、安易に考えて加入するのはやめておきましょう。


プレゼントはあくまでも、保険加入のおまけとして考えてください。自分の加入したい保険におまけがついていると思えば、ちょっとうれしくなりますよ。

学資保険のプレゼントキャンペーンよりも現金がよい場合は、ポイントサイトがおすすめ


保険のプレゼントキャンペーンで、商品券やクオカードなどの金券が2017年から禁止されています。ですが、プレゼントをもらうより現金が欲しいという方も多いことでしょう。


そういった方は、ポイントサイトを経由するといいでしょう。ポイントサイトには、いろいろな保険会社の資料請求を行えるページがあります。


そのページから資料請求を行えば、ポイントサイトにポイントが加算されます。ためたポイントはギフト券や現金にすることができますよ。


ただし、ポイントサイトに記載されている条件をこなす必要があります。例えば、資料請求のみ、の場合と資料請求後加入するなどの細かい条件がある場合も。


また、ポイントが実際に獲得できるのは1か月以上かかる場合もあります。今すぐに現金が手に入るというわけではありませんので注意しておきましょう。


とはいえ、せっかく資料請求を行うのであれば利用したほうが断然お得です。モッピーやハピタスなどの有名なポイントサイトなら安全ですよ。

学資保険の加入手続きは?

ここからは、学資保険の加入手続きを詳しく解説していきます。


加入するときの流れや、加入を考えているときはどうすればいいのかも合わせて紹介します。ここでは、

  • 学資保険の加入手続きの流れや必要書類一覧
  • 契約時に注意したいこと
以上の2つを解説します。

必要書類や契約時のポイントは、知っておけば損しない内容なのでぜひ加入時は参考にしてみてくださいね。

学資保険の加入手続きの流れや必要な書類は?

学資保険の加入手続きの流れはこちらです。

  1. 気になっている保険会社へ、相談の予約をする
  2. 担当者に話を聞く(オンラインで行っている会社もある)
  3. 保険料の見積もりを出してもらう
  4. 加入の検討をする
まずは、気になっている保険会社へ相談の申し込みを行います。会社によって方法が異なりますが、電話やメール、公式サイトから申し込むことができます。

では、加入に必要な書類を4つ紹介します。
  1. 申込書
  2. 告知書
  3. クレジットカードもしくは銀行口座
  4. 本人確認書類(顔写真付き)
申込書は、保険会社から渡されるものです。契約プランや給付金額などが記載されています。

告知書については、他の保険と同様健康状態の審査があるので必要です。生年月日や身長、体重などの質問や過去の病気についてもしっかり告知しておく必要があります。

次に保険料を引き落とすクレジットカードまたは銀行口座が必要です。名義は原則契約者のものとなります。

契約者が夫であれば夫の名義のものを、妻であれば妻の名義のものが必要です。あとは、契約者の本人確認ができる書類が必要です。

運転免許書やマイナンバーカードであれば顔写真がついていますよね。そちらを一緒に持っていけば問題ないでしょう。

学資保険契約の際の注意点

学資保険契約の際の注意点をまとめました。


  • 申込書には、戸籍と同じ氏名を記載する
  • 住所は本人確認書類に記載されている通りにする
  • 訂正時には訂正印が必要
  • 保険金受取人を子どもにしておくと贈与税がかかる可能性がある
  • 本人確認書類は免許書以外にも、船舶免許、健康保険証、写真付き住民基本台帳カード、パスポート、マイナンバーカードが利用できる
契約時の申込書には、戸籍に書かれている通りの氏名を記載しなくてはいけません。また、住所も同様略さずにしっかり記載しましょう。

訂正を行う場合は、その書類に使用したハンコで訂正します。フルネームを記載しても問題ありません。

保険金受取人を子どもにしておくと、贈与税がかかる可能性があるので注意しておきましょう。契約者と受取人は同じ人にしておくといいですね。

学資保険の資料請求プレゼント(特典)・見積もり相談キャンペーンまとめ


学資保険のプレゼントキャンペーンについて解説してきましたが、いかがでしたか?


この記事のポイントは

  • 学資保険を取り扱っている会社には、プレゼントキャンペーンがある会社とない会社がある
  • プレゼントキャンペーンを行っていない会社のほうがいいとは言い切れないが、豪華なプレゼントを常に配っている場合は要注意
  • 学資保険のプレゼントは魅力的だが、これから先保険料を支払っていくことを考えると大きい買い物なのでしっかり考える
  • プレゼントに左右されず、保険の内容をしっかり確認して加入を検討しよう!
でした。

学資保険に加入する際、保険の専門に相談してもなかなか明確な答えが出ないことが多いです。子どもの将来を踏まえて考えなくてはいけないため、いろいろな可能性があるからです。

どんな道を歩んだとしても、お金に困ることがないように学資保険へ加入するのはいい方法です。目的に合わせて学資保険を選ぶようにしてくださいね。

おすすめの記事