コープ共済に学資保険はあるのか? 評判・口コミやこどもの教育費を準備する方法を解説!

子どもが誕生したら嬉しさがこみあげるとともに、親としての責任感から子どもの将来のために備えなければという思いがめばえますよね。

子どもの将来に備える方法のひとつとして思い浮かぶのが、学資保険です。学資保険は自由にお金を引き出すことができないので、確実にお金が貯められる方法として知られています。

そこでコープ共済に学資保険のような子どもの将来に備えられるものはあるのか、という点が気になるかと思います。

手頃な掛け金が特徴のコープ共済に学資保険のようなものがあれば、ぜひ利用してみたいと思われるのではないでしょうか。

そこで、
  • コープ共済には学資保険のかわりになるものはある?
  • コープ共済で学資保険の機能を果たす商品はない
  • コープ共済で子どもが加入できる医療保障「たすけあい」と終身保障「ずっとあい」について
  • コープ共済以外の共済の学資保険を紹介
  • 共済以外のおすすめ学資保険3選!
  • 「学資保険+コープ共済」という加入の仕方もある
を解説していきます。

将来への備えを万全にして、子どもの成長を安心して見守りたいものですね。

コープ共済のおすすめの利用法も合わせて解説していますので、学資保険を考えている方はぜひ最後までお読みください。

内容をまとめると

  1. コープ共済には学資保険の代わりになるものはない
  2. コープ共済で子どもが加入できるものに医療保障「たすけあい」、終身保障「ずっとあい」がある
  3. コープ共済以外の共済で学資保険は、こくみん共済「こども保障満期金付タイプ」とJA共済の「こども共済」がある
  4. 共済以外の学資保険のなかでは、日本生命「ニッセイ学資保険」ソニー生命「学資金準備スクエア」フコク生命「フコク生命の学資保険みらいのつばさ」が人気もあり、返戻率も高いのでおすすめ
  5. 「学資保険+コープ共済」と合わせて加入する方法もある
  6. 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう! 
おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

コープ共済で学資保険の代わりになるものはあるか?


コープ共済
には、学資保険の代わりになるものはあるのでしょうか。

そもそもコープ共済とはどんな特徴があるのか、一般の保険とはどんな点が異なるのかわからない方も多いかと思います。

そこで、ここでは

  • 学資保険の特徴
  • コープ共済の特徴

について解説いたします。

学資保険とは

学資保険の特徴は

  • 保険の目的は、計画的に子どもの教育費に備えること
  • 定められた年齢に達したとき、お祝い金や満期金を受取ることができる

ことです。


学資保険は、一般的に生命保険会社によって販売が行われています。


学資保険のなかには、中学校入学時、高校入学時にお祝い金を受取れるものもあり

、多くの学資保険の満期は大学入学時に設定されています。


大学入学時は、入学金や準備で特に多くのお金が必要となることでしょう。学資保険はそんなときのために子どもが小さいときから計画的に備えておくことができる保険なのです。

コープ共済とは

コープ共済の特徴は

  • 掛け金を出し合い、加入者に火災・病気・死亡などが起こったとき定められた金額を支払う
  • 取り扱いは、地域にある生協(コープ)

です。


生協(コープ)は組合員の出資によって運営されています。そのため、コープ共済に加入するためには組合員である必要があります。


また、コープ共済の窓口は住んでいる地域にある生協(コープ)です。買い物のついでに保険の相談をすることもできるので、相談も加入も気軽に行うことができます

コープ共済で学資保険の機能を果たす商品はない


コープ共済の保障商品の種類を表にまとめました。

種類目的保障商品
医療の保障入院や手術、ケガ
への備え
たすけあい(医療コース)
たすけあい(ベーシックコース)
プラチナ85
生命の保障万が一のとき
残される家族
のために
あいぷらす
ずっとあい終身生命
新あいあい
一生涯の保障一生涯の備えずっとあい終身医療
家の保障火災・風水害・
地震の際の
家への備え
火災共済+自然災害共済

この表からわかるように、コープ共済で取り扱っているのは医療の保障、生命の保障、一生涯の保障、家の保障のみです。


残念ながらコープ共済に教育資金に備えられる学資保険はありません


学資保険への加入を検討されている方は、学資保険を取り扱っている他社で探す必要があります。

コープ共済の子供向け医療保障に特化した「たすけあい」


コープ共済の医療保険「たすけあい」について。

  • コープ共済「たすけあい」の特徴
  • コープ共済「たすけあい」の気になる口コミとは

を解説いたします


「たすけあい」は0歳から満64歳まで加入することのできる医療保険ですが、0歳から満19歳の方が加入できる特に子どもに手厚い保障の「ジュニアコース」もあります。

コープ共済の「たすけあい」とは?

コープ共済の「たすけあい」は、手頃な掛け金で病気、事故による入院や手術などに備えることができます


コースは3種類あり、それぞれ掛け金は1,000円、2,000円、4,000円です。2,000円のコースでも入院日額5,000円を1日目から保障してくれます。


また、0歳から満19歳の方が加入できるジュニアコースもあります。


ジュニアコースにも掛け金が1,000円、1,900円、2,000円の3つのコースがあり、2,000円のコースでは入院日額10,000円を1日目から保障と、さらに手厚い内容になっています。

コープ共済「たすけあい」の口コミ

※クラウドワークスで調査

一回の通院でも保険金が受け取れた

掛け金が安くてほかの定期医療保険と比較して、断然お得です。ジュニアコースに加入していますが、子供が怪我するので、一回の通院でも保険金が受け取れるのはうれしいです。手続きもスムーズで連絡も早いです。

支払われる時と支払われない時がある

ジュニアコースに加入しています。子供が骨折した際に共済金が受け取れたので良かったのですが、子供が学校の備品を友達とじゃれあっていて壊してしまったときに、保障がおりませんでした。状況的には保障対象なのに、少し高額になると支払いを渋っているように感じました。

コープ共済の終身医療・終身生命「ずっとあい」


コープ共済の終身医療・終身生命「ずっとあい」について

  • コープ共済「ずっとあい」の特徴
  • コープ共済「ずっとあい」の気になる口コミとは

を解説いたします。


「ずっとあい」はずっと変わらない掛け金で一生涯保障を受けることができます。途中で保障が途切れることがないので、満期更新などを気にする必要がありません。

コープ共済の「ずっとあい」とは?

コープ共済の「ずっとあい」は0歳から満70歳の方が加入できる一生涯の保障です。


「ずっとあい」には「ずっとあい終身医療」「ずっとあい終身生命」の2種類があります。


「ずっとあい終身医療」の特徴は、

  • ずっと変わらない掛け金で入院・手術に備えることができる
  • 1入院で1日目から180日までを保障
  • 重度障害状態になったら、それ以降の掛け金は支払い不要


「ずっとあい終身生命」の特徴は

  • ずっとかわらない掛け金で一生涯の生命保障
  • 中途解約すると、解約返戻金を受け取れる
  • 余命6ヶ月以内と診断されたら、リビングニーズ共済金を受け取れる

コープ共済「ずっとあい」の口コミ

※クラウドワークスで調査

解約返戻率が高い

自分的に掛け捨ての保険は嫌だったので、この保険は自分にぴったりでした。いつ解約しても解約返戻率はほかの保険と比べて高いです。特約っをたくさんつけたい人でなければ、この保険である程度対応できると思います。

掛け金が安くて値段以上の保障内容です

掛け金がすごく安くて、値段以上の保障内容です。解約返戻金もそこそこもらえます。ただ不便なところを挙げるとすれば、クレジットカード払いができないのが、地味に支払いの手支払いの手の関係から少し感じます。

コープ共済以外の共済の学資保険


コープ共済以外の共済で、取り扱われている学資保険には

  • こくみん共済「こども保障満期金付タイプ」
  • JA共済「こども共済」

があります。どちらも共済ならではの安心感を備えています。


ここでは、この2種類の学資保険について詳しく解説していきます。

こくみん共済「こども保障満期金付タイプ」

こくみん共済「こども保障満期金付タイプ」について解説いたします。


保障内容

こども保障満期金付タイプ
加入年齢子ども:0歳~12歳
契約者:18歳~75歳
共済金額100万~1,000万円
プラン大学プラン・高校プラン・
中学校プラン
その他保障死亡・後遺障害保障付き


掛け金

(共済金額500万円、子ども0歳・契約者満30歳の場合)

プラン掛け金(月払い)掛け金(年払い)
大学プラン23,545円270,735円
高校プラン30,720円353,270円
中学プラン37,490円431,130円


メリットとデメリット

メリットとして以下の点が挙げられます。

  • 貯蓄性が高い
  • 死亡・後遺障害保障も付帯
  • 契約者が死亡したら、その後は掛け金の支払いは不要
  • 進学に合わせて受け取る年齢が選べる


デメリットとして以下の点が挙げられます。

  • 支払い方法や年齢など条件によって支払った金額より受け取る金額が少なくなる

JA共済「こども共済」

JA共済の「こども共済」について解説いたします。


保障内容

加入年齢0歳~満14歳
共済金額50万・100万
プラン中学準備コース・
高校準備コース・
大学準備コース
その他保障入院や手術、死亡、
扶養者の死亡などに
対する保障



掛け金

(満期金100万円、子ども0歳の場合)

掛け金(月払い)
大学準備コース4,550円(満18歳満了)
高校準備コース5,470円(満15歳満了)
中学準備コース6,860円(満12歳満了)



メリットとデメリット

メリットとして以下の点が挙げられます。

  • 3つのコースから選択できる
  • 満期金を50万円と100万円から選べる
  • 満期金を受け取る年齢を選べる


デメリットとして以下の点が挙げられます。

  • 最高でも満期金は100万円なので、教育資金には足りない可能性がある
  • こども保障に付加する形でしか契約できない

共済以外のおすすめ学資保険3選


共済以外にも数多くの学資保険があります。そのなかから、おすすめの学資保険を3つ紹介いたします。


その3つとは

  • 日本生命「ニッセイ学資保険」
  • ソニー生命「学資金準備スクエア」
  • フコク生命「フコク生命の学資保険みらいのつばさ」

です。


どの学資保険も人気のある商品なので、学資保険に加入するときはぜひ候補のひとつとして検討されることをおすすめします。

日本生命「ニッセイ学資保険」

払込期間が選べる日本生命「ニッセイ学資保険」について、保障内容と保険料、返戻率を紹介いたします。


保障内容

ニッセイ学資保険
契約年齢0歳~6歳
払込期間5年・10年・
学資年金開始時まで
タイプこども祝い金あり型
こども祝い金なし型
受け取り方大学入学にあたる年齢から毎年1回、合計5回
(祝い金あり型は、合計5回に
加えて小学校・中学校・高校入学時に
子ども祝い金を受け取れる)


保険料

(保険料払込期間は学資年金開始時まで、基準保険金額100万円、祝い金なし型では受取総額300万円場合)

こども祝い金あり型こども祝い金なし型
契約者30歳
こども0歳
(月払い)
月々17,290円月々14,180円
契約者30歳
こども0歳
(年払い)
206,660円169,480円


返戻率

(保険料払込期間は学資年金開始時まで、基準保険金額100万円の場合)

こども祝い金あり型こども祝い金なし型
契約者30歳
こども0歳
(月払い)
102.0%103.7%
契約者30歳
こども0歳
(年払い)
102.4%104.1%


ソニー生命「学資金準備スクエア」

高い返戻率を誇るソニー生命「学資金準備スクエア」について、保障内容と保険料、返戻率を紹介いたします。


保障内容

学資金準備スクエア
契約年齢0歳~3歳
払込期間10歳・15歳・17歳・
18歳・20歳・22歳
受け取り方Ⅰ型(大学進学時に満期学資金・
中学、高校入学時に進学学資金を受け取る)
Ⅱ型(大学など進学時に
満期学資金を受け取る)
Ⅲ型(大学など進学後から
毎年進学学資金を受け取る)


保険料

(保険料払込期間は18歳まで、受取総額300万円の場合)

Ⅱ型Ⅲ型
契約者30歳
こども0歳
(月払い)
月々13,590円月々13,530円
契約者30歳
こども0歳
(年払い)
161,850円161,142円


返戻率 

(保険料払込期間は18歳まで、受取総額300万円の場合)

Ⅱ型Ⅲ型
契約者30歳
こども0歳
(月払い)
102.1%102.6%
契約者30歳
こども0歳
(年払い)
102.9%103.4%

フコク生命「フコク生命の学資保険みらいのつばさ」

兄弟割引が魅力のフコク生命「フコク生命の学資保険みらいのつばさ」について、保障内容と保険料、返戻率を紹介いたします。

保障内容

フコク生命の学資保険
みらいのつばさ
契約年齢0歳~7歳
払込期間11歳・14歳・17歳
受け取り方S(ステップ)型(満期保険金に
加えて節目ごとに祝い金を受け取る)
J(ジャンプ)型(大学入学時に
満期保険金を受け取る)

保険料

(保険料払込期間は17歳まで、受取総額200万円の場合)
S(ステップ)型J(ジャンプ)型
契約者30歳
こども0歳
(月払い)
月々10,170円月々9,614円


返戻率

S(ステップ)型J(ジャンプ)型
契約者30歳
こども0歳
(月払い)
101.2%101.9%

参考:「学資保険+コープ共済」という加入の仕方もある


コープ共済には学資保険はありませんが、手頃な掛け金で万が一に備えることができます。


この特徴をいかして医療保障や生命保障などはコープ共済を利用し、貯蓄を兼ねた学資保険は民間の保険会社を利用するという加入の方法もあります。


コープ共済「たすけあい」ジュニアコースの2,000円コースと日本生命「ニッセイ学資保険」に加入した場合を例に挙げます。


コープ共済は月2,000円、ニッセイ学資保険は月14,180円なので、月16,180円で300万円の学資年金と入院日額1万円の保障を得ることができます。(ニッセイ学資保険は保険料払込期間は学資年金開始時まで、基準保険金額100万円、祝い金なし型では受取総額300万円で計算)


コープ共済と民間の保険会社を合わせて利用することで、将来のための貯蓄とケガや病気への備えという2つの望みに応えることができるのでおすすめです。しかも、保険料も抑えられるのも嬉しいポイントですね。

まとめ:コープ共済と学資保険はセットで考える


コープ共済と学資保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは

  • コープ共済には残念ながら学資保険の代わりになるものはない
  • コープ共済で子どもが加入できるのは医療保障「たすけあい」、終身保障「ずっとあい」
  • コープ共済以外の共済で学資保険は、こくみん共済「こども保障満期金付タイプ」とJA共済の「こども共済」がある
  • 共済以外の学資保険のなかでは、日本生命「ニッセイ学資保険」ソニー生命「学資金準備スクエア」フコク生命「フコク生命の学資保険みらいのつばさ」がおすすめ
  • 「学資保険+コープ共済」と合わせて加入する方法もある

でした。


子どもの将来への備えとして学資保険はおすすめの方法のひとつです。


ぜひ、コープ共済の手頃な掛け金で備えられる点と、民間の学資保険の確実に貯まる点をいかして、上手に将来への準備を始めましょう

おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

おすすめの記事