2015年8月15日 06:15|ウーマンエキサイト

暑い夏の赤ちゃんの眠り~寝汗でびっしょりだけど大丈夫?

日々すくすくと育ち続ける赤ちゃん、移り変わる季節、それに合わせて赤ちゃんの眠りの悩みはつきないもの。今回は夏になると特に気になる「赤ちゃんの寝汗」について一緒に考えてみましょう。

赤ちゃんの寝汗のメカニズム

夏の夜、赤ちゃんは寝汗でびっしょり! 「暑い?」「脱水症状にならない?」「汗が冷えて風邪ひいちゃう?」などママの心配はつきませんね。でも、そんなに心配しなくても大丈夫! 赤ちゃんがたくさん寝汗をかくのは自然なことなのです。

目次

・赤ちゃんの寝汗のメカニズム
・赤ちゃんの眠る環境は特別に整える必要はあるの?
・ママがしてあげられることは?


暑い夏の赤ちゃんの眠り~寝汗でびっしょりだけど大丈夫?

© BillionPhotos.com - Fotolia.com


体には眠りに入るために深部体温を下げるというしくみがあり、汗をかいて皮膚表面で蒸発させることで放熱し体温を下げています。ちなみに眠くなると手足がポカポカするのも、このしくみによるものです。

そして、赤ちゃんの体温調節機能は発達途中。周囲の温度の変化に影響されやすく、気温が高ければ汗をたくさんかいて体温を下げる必要があります。これが、赤ちゃんがたくさん寝汗をかくメカニズムです。

赤ちゃんの眠る環境は特別に整える必要はあるの?

突然ですが、皆さんは赤ちゃんを迎えるまでどのような環境で寝ていましたか?

眠りが乱され、朝起きた時にはぐったりする暑さや寒さの中で寝ていましたか?

目覚めが悪く、明らかに睡眠の質を下げているような環境ならば、何かしらの対処をおすすめしますが、ある程度、温度などを調節して「大人がぐっすり眠れて、気持ちよく目覚められる環境」であれば、赤ちゃんも同じ環境で寝ていて大丈夫です。

ママがしてあげられることは?

ですから、扇風機などで部屋の空気循環を促し、必要に応じて冷房を使用するなど、汗が蒸発しやすく体温がスムーズに下がり入眠しやすい環境を整えてあげたら、「寝汗の心配」「眠りの質」をそれほど心配しなくても大丈夫。

その時に注意が必要なのは「扇風機の風向き」と「冷房の温度」。直接、風に長時間あたると体が冷え過ぎてしまうし、寝汗をかかせたくないと部屋の温度を下げ過ぎると、赤ちゃんの発汗の練習機会を奪うことになりかねませんのでほどほどに。
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所の更新通知を受けよう!
確認中
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所の更新通知が届きます!
フォロー中
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.