2016年3月5日 05:15|ウーマンエキサイト

言葉を覚えるだけじゃダメ!? 幼児期の語学教育で大事なこと

目次

・語学堪能なのに、コミュニケーションできない
・目は口ほどに物を言う
・赤ちゃんは、コミュニケーション上手!?
・アメリカ人は、ジェスチャーが派手!
・言葉はわからなくても、メッセージを捉える
英語を話せるからといって、人と交流できる、コミュニケーションがうまく取れる、ということはありません

© mkwwww - Fotolia.com


子どもに習わせたい語学として常にランキング1位なのが英語。将来に有利だというのがその理由でしょう。そこには「世界と交流できるような子になって欲しい」という親の思いもあるようです。ところで、きれいな発音や多くの単語を覚えると「交流」できるようになるのでしょうか? 

語学堪能なのに、コミュニケーションできない

私たちは日本語をスラスラと話せます。しかし、だから人と交流できる、コミュニケーションがうまく取れる、ということはありません。コミュニケーションに関するセミナーや書籍などの多さを考えれば、それだけコミュニケーションがうまく取れない人が多いということです。

現在中国在住の私はこれまで、数多くの学生に日本語を教え、多くの語学堪能な日本人とも出会ってきました。ところが、「うまくコミュニケーションが取れない」ということはだれもが持つ悩みでした。

目は口ほどに物を言う

「メラビアンの法則」という、アメリカUCLA大学の心理学者、アルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念があります。これは「人の行動が他人にどのように影響を及ぼすか?」というものです。それによると、

・話の内容などの「言語」情報:7%
・口調や話の早さなどの「聴覚」情報:38%
・見た目などの「視覚」情報:55%

とのこと。話の内容は大事ですが、聴覚や視覚の情報も大事だということです。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.