子どもの発達障害を知ろう、考えよう

発達障害による“生きづらさ”は決して他人事ではありません。まずはみんなで「知ること」から。子どもの発達障害とそのご家族のこと、大人の発達障害、専門家インタビューなど、さまざまな切り口でわかりやすく発達障害を取り上げていきます。

特集へ戻る

【NHK「あさイチ」発達障害「当事者が語る、発達障害の子育てのリアル」】 行き詰まる子育て、負のスパイラルから抜け出すには?

【NHK「あさイチ」発達障害「当事者が語る、発達障害の子育てのリアル」】 行き詰まる子育て、負のスパイラルから抜け出すには?

© tatsushi - Fotolia.com


7月24日(月)、NHK「あさイチ」では、子どもの発達障害についての特集が放送される。「あさイチ」からの事前情報によると、「これまで番組に寄せられたメールやファックスの中でも特に多かった、発達障害の子どもを持つ親の悩みに徹底的に向き合う」とのこと。

じつは筆者にも、8歳になる娘(定型発達)と4歳の息子(自閉症スペクトラム)がいる。

5月のNHKスペシャルの放送から、ぜひ次回は、発達障害の子どもや子育て中の親にフォーカスした企画を! と思っていたので放送が楽しみだ。

■当事者が語る、発達障害の子育てのリアル

今回の放送では、3人(うち2人が発達障害)の子育て真っ最中の家庭を訪問し、発達障害の子育ての大変さや、それに対してどう向き合い、対応しているのかを伺っていくのだそう。

子どもが診断された時の気持ちや、夫や祖父母、周囲の反応、子どもの将来への不安など、様々な角度から、当事者たちに発達障害の子育てをリアルに語ってもらうそうだ。さらに、番組では、ペアレントメンターなどの親を支援する仕組みなど、当事者の親に役立つ情報も紹介する予定だという。

■娘とは桁違いの大変さだった、息子の子育て

【NHK「あさイチ」発達障害「当事者が語る、発達障害の子育てのリアル」】 行き詰まる子育て、負のスパイラルから抜け出すには?

© tatsushi - Fotolia.com


筆者のケースをお話しよう。定型発達児(娘)と発達障害児(息子)の両者を育ててみて思ったが、その子育ての大変さは、まさに桁違いだった。

もちろん娘だって、成長の過程では、当然大変なこともあった。イライラして頭が沸騰しそうになったことだって、多々ある。でも、娘の怒りや泣きのツボはだいたい理解できたし、コミュニケーションもしっかり通じたので、私の理解の範囲内で対処することができた。

ところが、息子の場合はまったく違った。

指示が通らない。言葉の説明を理解してくれない。急に走り出したと思ったら、今度はテコでも動かないなど、動きが読めない。保育園ではイベント事が大の苦手で、隙あらば逃走。歯磨きやお医者さんの診察では毎回大暴れ…。

何より困ったのは、コミュニケーションが通じないこと。変な言い方だが、言語も思考も違う異星人を相手にしているようで、本当にお手上げ状態であった(4歳過ぎた今では、ずいぶんマシになってくれたが)。

■3歳で確定。「だから大変って言ったじゃん!」

周囲に相談しても、「男の子なんてそんなもの」「上が女の子で楽だったんだよ~」などと言われ、なかなか理解してもらえなかった。

だから、3歳で息子が自閉症スペクトラムと診断された時は、もちろんショックではあったが、同時に、「だから大変って言ったじゃん!」と、周囲にちょっと毒づきたいような気持ちも生まれた。

今思うと、周囲は私が思い詰めないように、気を使ってくれていただけだろうに…。不健康な考え方に陥っていた当時は、ひねくれたとらえ方しかできなかった。
次ページ :  ■周囲にガードを張っていのは、私の方? 息子は1… >>

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.