2017年8月17日 15:00|ウーマンエキサイト

【シリーズ・遊びも丸ごと脳育 Vol.1】子供は砂場で遊んでいるわけではない!

土屋 菜々
ライター (フリーライター・編集・ディレクター)
土屋 菜々
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
シリーズ・遊びも丸ごと脳育

シリーズ・遊びも丸ごと脳育

子どもにとって、「遊び」は成長に欠かせない重要なもの。心と体の成長に欠かせない“遊び”の本質を知れば、「遊ぶこと」への見方が変わるはずです。4回のシリーズに分けて、“遊び”について解説していきたいと…

■子どもの“遊び”の本質を知れば“遊ぶこと”の見方が変わる?!

子どもたちが思いっきり遊んでいる姿は微笑ましかったり、「あの頃に戻って本気で遊べたら…」と思ったりすることはありませんか?

子供は砂場で遊んでいるわけではない!

(c)chihana - Fotolia.com



子どもはいつでもどこでも遊べて、常に遊んでいるように感じられますが、実は“遊び”はただおもちゃを持って何かしているだけではない奥の深いものなのです。

そして、子どもにとって、本質的な「遊び」は成長に欠かせない重要なもの。心と体の成長に欠かせない“遊び”の本質を知れば、「遊ぶこと」への見方が変わるはずです。

4回のシリーズに分けて、“遊び”について解説していきたいと思います。

■砂場にいたら=遊び、ではない!

子どもが砂場で何かしている様子を見たら、「遊んでるなぁ」と思っていませんか?

でも砂場にいれば=遊んでいる、というわけではありません。また、同じ砂場にいる子どもでも、みな同じように“遊んでいる”のではなく、さまざまなことを体験したり学んだりしています。単に砂場でボォっとしていることだってあります。

砂場での遊びでいえば、砂を掘って川を作って水を流してみる、すると穴が崩れたから今度はもっと深くしてみる…などが代表的な例ですよね。

そこには、トライアンドエラーで考える力を身につけていたり、穴を深く掘るために手や足を動かして筋力をつけていたり、遊びの裏にはさまざまな要素が深く関わっています。

遊びの本質はそこにあります。遊びからはさまざまなことを学べるのです。

本質的な遊びを追求すると、“砂場にいれば=遊び”ではないように、“おもちゃを持っているから=遊び”でも、“走り回っているから=遊んでいる”わけでもなく、“何”をしているのかが重要なポイントとなってくるのです。

土屋 菜々
土屋 菜々の更新通知を受けよう!
確認中
土屋 菜々
土屋 菜々の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
土屋 菜々
土屋 菜々の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
土屋 菜々
土屋 菜々をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
土屋 菜々
土屋 菜々の更新通知が届きます!
フォロー中
土屋 菜々
土屋 菜々の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.