「叱る」ってむずかしい! わが家のしつけ体験記

「どう伝えたらいいだろう」「叱るつもりが感情的になっちゃった」など、とまどったり反省することの多いしつけ。そんな迷えるパパママに向けて、コミックライターのみなさんに等身大なエピソードを聞いてみました。

特集へ戻る

怒りモードを消せないママに、娘が放った一言が胸に突き刺さる!【子育ては毎日がたからもの☆ 第38話】


怒りモードを消せないママに、娘が放った一言が胸に突き刺さる!【子育ては毎日がたからもの☆ 第38話】

息子には、回りくどい間接的な叱り方よりも、直接的な叱り方の方が効果的な気がします。

わが家の場合は姉弟ということ、年齢によるものなどの違いもあるのかもしれません。ただ私の周りの兄妹を育てている先輩ママも同じようなことを言っていたので、もしかしたら男女差もあるのかもしれませんね。

そんなこんなで「叱る」に試行錯誤を繰り返すわが家。私自身に課している「叱る」の目標があります。

『自分の感情を巻き込まず、短く簡潔に短時間で「叱る」。そしてひきずらない』

まだまだ100%実施とまではいかないけれど、これを意識することで、少しずつ「叱る」が「良い叱る」になってきているように感じます。

何度注意しても同じことを繰り返す子ども。

これからも、私は、子どもが大人になるまで何万回、何十万回と叱ることになるのでしょう。世のお母さんお父さん、めげずにがんばって子どもと接していきましょうね。

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.