「叱る」ってむずかしい! わが家のしつけ体験記

「どう伝えたらいいだろう」「叱るつもりが感情的になっちゃった」など、とまどったり反省することの多いしつけ。そんな迷えるパパママに向けて、コミックライターのみなさんに等身大なエピソードを聞いてみました。

特集へ戻る

あなどれない1歳児。「ダメなものはダメ」試されるのは演技力?【息子愛が止まらない!! 第2話】

こんにちは! ねここあんな。です!

息子のきっくんは1歳10ヶ月。言われていることもだいぶわかってきているはずだけど、すべては理解できていない。

今回は、そんなきっくんへのわが家の「叱り方」についてお伝えします!

■1歳児に「叱る」意味はあるのか?

まず、そもそも1歳児に「叱る」って意味があるのか? という疑問があるとは思います。

子どもを生む前だったら「1歳にしつけは早すぎる」、そう思っていたと思います。

でも、一緒にいてよくわかるんですが、子どもって大人が思う以上にこちらの伝えたい気持ちを把握しているんですよね。

例えば「テレビに近い」ことを注意しても、わかる年頃ってもっと大きくなってからだと思っていました。

でも、テレビのすぐ下に何かバリヤーになるようなものを置くのもかわいそうだし、言って聞いてくれたら助かるなと思ってたんです。

そこで、一人歩きをするぐらいになってから、テレビの近くへいくたびに…。

あなどれない1歳児。「ダメなものはダメ」試されるのは演技力?【息子愛が止まらない!! 第2話】

少し低い声で言います。顔はもちろん真剣な表情で!

最初は「?」という感じなので、そのたびに少し離れたところへ連れて行ってました。

あなどれない1歳児。「ダメなものはダメ」試されるのは演技力?【息子愛が止まらない!! 第2話】

これぐらいのことなら「怒る」というより「わかってね」という感じ。1歳前後の頃からひたすら、6ヶ月ぐらいこれを繰り返すのは結構面倒でした(笑)。

それでも続けていたところ…
次ページ :  それは、ある日突然に… >>

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.