好きな子にしつこくする娘…友だちとの距離感の伝え方に悩んだ母の後悔【泣いて! 笑って! グラハムコソダテ Vol.33】

グラハム子
ライター
グラハム子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
これは今よりも少し前のお話です。当時3歳だった娘には、好きな男の子がいました。

■同じクラスに好きな男の子がいる娘の態度は

娘は同じ保育園に好きな男の子がいた

そして誰に似たのか肉食系な娘は、いつも、あっくんにべったりでした。

好きな男の子にしつこくしてしまう娘に

お迎えのときには、いつも先生に…

保育園の先生からも言われるぐらい仲良しの二人だと思っていた

こっちが聞いていて恥ずかしくなるほど一途なようでした。「まぁ先生たちも笑いながら話しているし、本人も毎日楽しそうだし、別に親がどうこう言うことじゃないよなぁ〜」と、このときは、のんきに考えていたのですが…

ある日、あっくんのママと会ったとき。
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
グラハム子
グラハム子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
グラハム子
グラハム子の更新通知が届きます!
フォロー中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.