独身時代との違いがこんなに… 子連れ里帰りで過酷だったこと【夫婦のじかん大貫ミキエの芸人育児日記 Vol.5】

大貫ミキエ
ライター
大貫ミキエ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
独身時代や結婚後すぐの帰省は、ゆっくりお休みするためのものという感覚でした。

上げ膳据え膳で健康的な食事ができるのは本当にありがたかったです。掃除や洗濯も、帰省したときだけは親に甘えて、なんとも羽を伸ばさせてもらっていました。

上げ禅据え膳で楽だった独身時代の帰省

@mikieohnuki



それが、出産後からはガラっと変わりました。

まず、子連れで遠征するときの大変さに突き当たりました。

私の実家は栃木県なので、それほど遠いというわけではありません。でも、近いようで遠いようなこの微妙な距離というのが意外とまた難しかったのです。以前は在来線で2時間くらいかけて帰っていたのですが、子どもができてからは、赤ちゃんが2時間耐えられるのか、新幹線にした方がいいのか、はたまた在来線の特急がいいのか…毎回毎回いろいろと想像力をはたらかせながら、いろんなことを調べつくし、帰省することになりました。

新幹線ってベビーカー置ける? 泣き止まなかったらどうしよう? 子連れの移動は心配ごとがたくさん

@mikieohnuki



やはり赤ちゃんのときは途中で泣いてしまうことも多いので、抱っこしたり車内を少し歩いてみたりと、体力的にも結構大変でした。

独身時代は、ただただ音楽を聴いていただけの車内が、こんなに過酷な戦いとなるとは…。
大貫ミキエ
大貫ミキエの更新通知を受けよう!
確認中
大貫ミキエ
大貫ミキエの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
大貫ミキエ
大貫ミキエの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
大貫ミキエ
大貫ミキエをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
大貫ミキエ
大貫ミキエの更新通知が届きます!
フォロー中
大貫ミキエ
大貫ミキエの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.