申し訳ない気持ちでいっぱいだった私が「素直に甘えよう」と思えたきっかけ【ふるえるとりの育児日記 第18話】

ふるえるとり
ライター
ふるえるとり
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
ふるえるとりの育児日記

ふるえるとりの育児日記

秋田出身。現在東京都在住。夫の転勤に伴いデザインの仕事を辞め、現在は育児の合間にイラストや漫画を描いている。育児ネタのほかにシュールなテイストのキャラクターを描き自らの心を癒す。好物は鶏皮の焼き鳥。

現在、都合により長めの里帰りにて実母実父に助けられながらの第2子ひなちゃんの育児中です。
食事中にひなちゃんが泣けば家族で代わる代わる抱っこしながら交互に食事をとり、実母は私がゆっくり休めるようにことりを連れて外出してくれたりしています。他にも、ふたりを見てもらい、お風呂にゆっくり入らせてもらったり…。
実父も寡黙で頑固なひとですが、ひなちゃんを抱いてくれたりことりさんに絵本を読んでくれたり、よく娘たちをみてくれています。
おかげさまで余裕のあるふたり育児のスタートができています。

頼りすぎ…?申し訳ない気持ちでいっぱいに

申し訳ない気持ちでいっぱいだった私が「素直に甘えよう」と思えたきっかけ【ふるえるとりの育児日記 第18話】
助かる一方で、私はとにかく気にしいな性分なので、母に助けてもらうたびに「申し訳ないな」と思い続けています。
ご飯を用意してもらうのも、洗濯を畳んでもらうのも、娘たちをみてもらうのも…とにかく申し訳ない。
特に第一子のことりさんの産後は「自分の赤ちゃんなのに育児で助けてもらうのが申し訳ない、情けない」と、助けてもらうたびに苦しくなるような思いがありました。

娘に教えて気づいたこと

申し訳ない気持ちでいっぱいだった私が「素直に甘えよう」と思えたきっかけ【ふるえるとりの育児日記 第18話】
ある日、私が実母のことを「かあさん」と呼ぶのを不思議そうにすることりさん。
「お母ちゃんのお母ちゃんがばあばなんだよ」と教えてもピンときていないようでした。お母ちゃんも赤ちゃんのときがあったんだよ、ばあばから産まれてきたんだよ、とじっくり教えました。

教えながら、ああ…自分もこうやって母に育てられたんだな、としみじみ…。

母にとって私はいつまでも娘なわけで、私が自分の娘に何かしてやりたいのと同じように、私に何かしたいと思ってくれているのかも。
申し訳ないと思いすぎずに、素直に甘えてもいいのかな…と思うようになりました。
ふるえるとり
ふるえるとりの更新通知を受けよう!
確認中
ふるえるとり
ふるえるとりの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ふるえるとり
ふるえるとりの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ふるえるとり
ふるえるとりをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ふるえるとり
ふるえるとりの更新通知が届きます!
フォロー中
ふるえるとり
ふるえるとりの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.