2019年10月26日 10:00|ウーマンエキサイト

「どうせ捨てられちゃう」ある子の言葉が蘇る…工作に込めた想いを知る時【そんたんママときーちゃんの「はじめてづくし」 第15話】

やまだ そのこ
ライター (主婦・アニメーション作家)
やまだ そのこ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
そんたんママときーちゃんの「はじめてづくし」

そんたんママときーちゃんの「はじめてづくし」

ものつくりが好きな主婦のそんたんママこと、やまだそのこです。4歳になる息子のきーちゃんと、漫画家の旦那と気ままな3人暮らし。子育てのなかで体験したびっくり、どっきりな「はじめて」エピソードをつづりま…

こんにちは、そんたんママです。
芸術の秋! みなさんは子どもの落書きや工作、保存していますか?

絵などはとっておきやすいですが、立体になると場所を取りますよね。

■子どもの工作を親が手放しに喜べないワケ

牛乳パック工作

息子の通う幼稚園はのびのびした方針で、虫が好きな子は裏山で虫とりをしたり、工作が好きな子は廃材を使って工作をしたりしています。

きーちゃんは牛乳パック工作に大はまり!

縦につないで『電車』。垂直につないで『カメラ』など。
最初の頃は「よく作ったね~!」と微笑ましく眺めていました。

しかし毎日のように持ち帰ってくる作品はあっという間にキャパシティをこえ、部屋がゴミ…じゃなくて作品の山に…。

■子どもの工作に、つい禁断の言葉が…

子どもの工作の山に困り果てる

それまで大切にとっていましたが、なにせ一つ一つが大物な工作たち。いよいよ生活スペースがなくなってきたので、

「よく作ったね。でも、もうお部屋に置けないよ」
「この電車、バラバラにして、また幼稚園に持って行ってたら?」

などの説得を試みましたが作るペースは落ちず。
だんだん(げっ…また作ってきたの!?)と言う気持ちに変わっていきました。

ついには我慢の限界を迎えて…

「もうこれ以上置けないよ! 片付けないなら捨てちゃうよ!」

と言い放ってしまい、きーちゃんは泣き出しました。ついに禁句を言っちゃった

やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
確認中
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
やまだ そのこ
やまだ そのこをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知が届きます!
フォロー中
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.