初めて知った「母のトラウマ」 その告白に私は… ~私と母の“友人のような関係”が起こしたトラブル(3)~【息子愛が止まらない!! 第23話】

ねここあんな。
ライター
ねここあんな。
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こんにちは、ねここあんな。です!

今回はまたまた前回の続き、私と母の「友人のような関係」第3弾です!



■お互いに我慢して言えなかった本音

再び地雷を踏んでしまったことで私の中の本音もぶつけました。

今までの私は母に対して、言いたいことを言おうとすると何となく我慢してしまう傾向がありました。

たぶん言った後の反応を勝手に考えて、余計にややこしくなるのを避けたかったのです。

自分が黙っていればこの場がいつか落ち着く、そう思っていました。

翌朝、母からメールが届いていました。内容は長文でしたが、こんな感じでした。

翌朝、母からメールが…。「感じ悪いのは本当にごめんね。たびたびカッとなるほど、限界だったんだと思う。本当はずっと疲れていた」と。

正直なところ、母は「家に着くのが2時間早まったこと」に対しての怒りはなかったのだそう。

それはただの口実で、本当は以前から疲れていたというのです。

というのも、実は私たちの知らないところで母はいろいろ気遣ってくれていたのでした。

言いたいことを言おうとすると何となく我慢してしまう傾向があるのは、母も同じでした。

私たちが泊まりに来る日、母は使う部屋を丸ごと念入りに掃除してくれていたのです。たぶん想像の5倍くらい…。

母の「掃除をしたい」と強く思う気持ちの裏側にはこんな理由があったのでした。
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
確認中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ねここあんな。
ねここあんな。をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知が届きます!
フォロー中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.