娘が都合良く言葉を使い分ける達人に…! 6歳児の「ツンデレギャップ」がすごい【ズボラ母のゆるゆる育児 第37話】

まつざきしおり
ライター
まつざきしおり
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
ズボラ母のゆるゆる育児

ズボラ母のゆるゆる育児

インスタグラムで大人気!愛娘みーたんと、愛うさぎのこむぎに囲まれて過ごすまつざきしおりさんが綴る「ズボラゆるゆる育児」。ウーマンエキサイト書き下ろしコミックエッセイです!

ウーマンエキサイトの皆さんこんにちは。まつざきしおりです!

今年からいよいよ小学生になる6歳の娘。

おしゃべりの内容も、ぐんと成長してきて、

「そんな表現どこで覚えてきたん!?」
「もうそんなことまで理解できるの!?」


と思う瞬間が多々あり、驚かされる毎日です。

今回は、そんな6歳の娘の、とあるセリフについて書きたいと思います。

3時のおやつの時間、大好物のお団子を食べていた娘が…。

■もう「6歳」で大きいと主張する娘

もう「6歳」で大きいと主張する娘
お団子の2本や3本余裕だぜ! と主張する娘
自分は「もう6歳」で大きいから、お団子の2本や3本余裕だぜ! と主張する娘。

そして、またある日の夕食の時…。

■「まだ6歳」で小さいからと言う娘

「まだ6歳」で小さいからと言う娘
赤ちゃんでもない、大きい子どもでもない、複雑な年齢「6歳」を武器に、「もう」と「まだ」を使い分け、対応してくるーーー!!
自分は「まだ6歳」で小さいから、トマトはちょっと早いわぁ。食べられないわぁ…。と主張する娘。

赤ちゃんでもない、大きい子どもでもない、複雑な年齢「6歳」を武器に、「もう」と「まだ」を使い分け、対応してくるーーー!!

(いや、「ろくさい」が言えずに「どくさい」になってるあたり、まだ小さい感じはあるけども…)

ちなみに、年長さんになり、幼稚園やお友だちの前では、母さんに甘えるのはちょっと恥ずかしいお年頃になってきたようなのですが…。
まつざきしおり
まつざきしおりの更新通知を受けよう!
確認中
まつざきしおり
まつざきしおりの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
まつざきしおり
まつざきしおりの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
まつざきしおり
まつざきしおりをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
まつざきしおり
まつざきしおりの更新通知が届きます!
フォロー中
まつざきしおり
まつざきしおりの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.