子育て情報『【発達ナビの読書週間】精神科医・斎藤環先生のオススメ本』

2017年10月28日 16:20

【発達ナビの読書週間】精神科医・斎藤環先生のオススメ本

日本の精神病理学を代表する医学者・中井久夫氏の代表作です。

統合失調症やPTSDの研究者として知られる中井氏ですが、歴史にも精通し、詩の翻訳やエッセイの名手としても活躍していました。『治療文化論』では精神医学と文化の両面から「病気とは何か」「何をもって治療と言うのか」を探ります。


斎藤環先生プロフィール

【発達ナビの読書週間】精神科医・斎藤環先生のオススメ本の画像

Upload By 発達ナビ編集部

斎藤環
(さいとうたまき)

1961年、岩手県生まれ。
1990年、筑波大学医学専門学群環境生態学卒業。医学博士。
爽風会佐々木病院精神科診療部長(1987年より勤務)を経て、2013年より筑波大学医学医療系社会精神保健学教授。
また,青少年健康センターで「実践的ひきこもり講座」ならびに「ひきこもり家族会」を主宰。
専門は思春期・青年期の精神病理、および病跡学。

著書に 『文脈病(青土社)』『社会的ひきこもり(PHP研究所)』
『ひきこもり救出マニュアル(PHP研究所)』『ひきこもり文化論(紀伊國屋書店)」
『生き延びるためのラカン(バジリコ)」『ひきこもりはなぜ『治る』のか?(中央法規出版)』, 『ひきこもりのライフプラン』(共著: 畠中雅子, 岩波書店), 『オープンダイアローグとは何か』(医学書院)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.