子育て情報『子供を産んで価値観がかわったこと │ パピマミ』

2019年10月1日 19:18

子供を産んで価値観がかわったこと │ パピマミ

子供を産んで価値観がかわったこと │ パピマミ


こんにちは、ちんまいです。

私はそもそも子供がだ〜い好き‼︎ってタイプの人間ではありませんでした。

むしろ苦手?どう接したらいいかわからない。。

そんな自分が子を授かり、出産。

image

image

image


一気に変わっていく自分の価値観。

けれどそれは、新しい発見の連続という心地の良い変化でもありました。

image

特にアンパンマンへの見方(笑) お馴染みのオープニングソングも歌詞をよく聴くとなかなか考え深いですが、私が中でも一番感銘を受けた曲、すばり「アンパンマンたいそう」‼︎

「もし 自信をなくして くじけそうになったら いいことだけ いいことだけ 思い出せ」 引用:アンパンマンたいそうの歌詞より

この最初のフレーズ。 これから世間の荒波に揉まれるであろう子供達に伝えたい‼︎

正直本当に舐めてました。アンパンマン。子供だましの子供にウケるアニメ。

ですが、知れば知るほど深いんです‼︎ 自分がどうなろうと、顔を分け与えて困っている人を助ける究極の自己犠牲のヒーロー。

やなせ先生の戦争体験が大きく影響しているというアンパンマン。

自己犠牲のヒーローって親が子を無償の愛で守ることと近いですよね。

「アンパンマンは君さ。元気を出して。 アンパンマンは君さ。力のかぎり。 ほら キラめくよ。君はやさしいヒーローさ」 引用:アンパンマンたいそうの歌詞より

アンパンマンは、特別じゃない。 誰だって誰かのアンパンマンになれる。 私は、一生、子供達のアンパンマンでい続けたいと願った歌詞です。
image


以上、私の価値観が変わった話はズバリ、アンパンマン‼︎でした!

●ライター/ちんまい

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.