子育て情報『関係が最悪に! 子どもの担任の先生にしてはいけない「NG言動」5つ』

2016年5月29日 20:00

関係が最悪に! 子どもの担任の先生にしてはいけない「NG言動」5つ

本職で評価をしてもらえてないのかなと思ってしまいます。「先生は真面目だからな〜。ちょっとは打ち解けてよ。僕先生のファンなんだから」と言われましたが、打ち解けるの意味を完全に履き違えてるようで困ります』(女性中学校教員)

褒め言葉、もしくは先生と気さくに距離を縮めようと思ってこのような発言をしても、それは見当違いなだけ です。

褒めるなら本職の先生の行動(教え方が上手、生徒の相談によくのってくれる)などを評価するようにしましょう。

若い先生だとこのように、気さくを通り越した言動を保護者からされることがよくあるそうです。

----------

以上です。まずは先生を“信頼”してみること。それが大事なのかもしれません。

そうすることで、本音で話せるようにもなってきますし、接し方や問いかけ方もわかってくるようになると思います。どうぞご参考にしてみてください。

●ライター/aki(中高英語教員)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.