子育て情報『ピステとは? 冬に欠かせない練習着の種類の選び方を解説』

2021年3月24日 12:00

ピステとは? 冬に欠かせない練習着の種類の選び方を解説

目次

・ピステとは
・ピステのメリット
・金具がついていない
・軽くて持ち運びに便利
・ピステのデメリット
・破れやすい
・ピステを選ぶときのポイント
・ピステのサイズ
・使用する季節
・上下セットで購入する
・まとめ
ピステとは? 冬に欠かせない練習着の種類の選び方を解説


サッカーは1年を通して行われるスポーツであり、雨の日や寒い日も練習や試合を行うケースも少なくありません。このような気候・季節での練習時には防寒対策としてピステの利用がおすすめです。この記事では、サッカーの練習着の種類の1つであるピステについて、その概要から利用するメリット、選ぶときのポイントなどについて解説します。寒い日にはどのような練習着を買えばいいのかわからない、という人はぜひ参考にしてみてください。

ピステとは

ピステとは? 冬に欠かせない練習着の種類の選び方を解説


ピステとは、プラクティスシャツの上から着用できる練習着の1つです。肌寒さを感じる時や雨の日などに防寒対策として活用できるウェアであり、素材はポリエステルを使用しているため動くとシャカシャカと音がする点が特徴です。

ピステは、長袖タイプだけでなく夏場の利用におすすめの半袖タイプもあるほか、プラクティスパンツの上から履けるパンツタイプもあります。

ピステのメリット

ピステとは? 冬に欠かせない練習着の種類の選び方を解説


ピステには様々なメリットがあります。ここでは、具体的なメリットについて解説します。

金具がついていない

ウェアの中にはウィンドブレーカーなどファスナーがついているものもありますがピステにはついていません。

金具がついているウェアの場合、ボールが金具に当たると、痛いため練習時の邪魔になる可能性があります。一方で、ピステであれば、金具がついていないため、トラップをしたときなどにボールが金具に当たって痛い思いをする心配がありません。

軽くて持ち運びに便利

実際に手にとってみるとわかりますが、ピステは非常に軽くたたむと非常にコンパクトになるため、持ち運びやすい点が特徴です。そのため、「今日は雨が降るかも」「練習中に体温調整できるウェアを持っておきたい」といった時にカバンの中にピステを忍ばせておくことができます。ウィンドブレーカーなどの他のウェアだとピステよりもかさんでしまいます。

ピステのデメリット

ピステとは? 冬に欠かせない練習着の種類の選び方を解説


メリットの一方で、デメリットも少なからず存在します。どういったものがあるのか解説します。

破れやすい

ピステは生地が薄いため、他の練習着と比べると破れやすくなっています。パンツタイプの場合、スライディングで破れてしまう可能性もあるでしょう。また、キーパーが練習の際に着用するとすぐに破れてしまうかもしれません。そのため購入するときは、敗れる可能性があることを頭の片隅に置いておくといいでしょう。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.