子育て情報『くさびとは? よく聞くサッカー用語の概要を解説』

2021年8月17日 12:00

くさびとは? よく聞くサッカー用語の概要を解説

目次

・くさびとは
・少年サッカーではくさびが少ない?
・くさびを受ける選手に求められるスキル
・くさびのパスを入れる効果
・相手ディフェンスの陣形を崩せる
・攻撃の起点になる
・まとめ
くさびとは? よく聞くサッカー用語の概要を解説


サッカーをしていて「くさびのパスを入れろ! 」という言葉を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。この記事ではサッカーにおけるくさびとはなんなのかその概要を解説します。また、くさびのパスを入れることでどのような効果があるのか、という点についても取り上げているため参考にしてください。

くさびとは

くさびとは? よく聞くサッカー用語の概要を解説


くさびとは、ものをつなぎとめて固定する際に使用する道具のことです。漢字だと「楔」と書書かれます。

そして、サッカーにおけるくさびとは、フォワードをはじめとした前線の選手に出す縦パスのことです。「くさびのパスを入れる」といった言い方をされることが多く、くさびのパスを入れることによって攻撃の起点を作ることができるほか、相手の守備陣形を崩すことも可能です。実際にくさびという言葉は知らなくても、自然とくさびのパスを出しているケースも少なくないでしょう。

少年サッカーではくさびが少ない?

プロをはじめとした大人や高校生などの試合では、くさびのパスがフォワードの選手に入ることはよくあります。

一方で少年サッカー、特に年齢の低い子どもたちのサッカーの試合でくさびのパスを見かけることはあまり多くありません。これは、相手のマークがついた状態の味方にパスをだすという選択肢を持っていないことが多いためです。くさびのパスを受ける場合、どうしても相手が密集しているエリアにパスをすることになるため、子どもたちの場合そこを避けてしまいます。くさびのパスだけが相手を切り崩すための手段ではありませんが、選択肢として持てていれば、より多彩な攻撃ができるようになるでしょう。

くさびを受ける選手に求められるスキル

くさびとは? よく聞くサッカー用語の概要を解説


いくら良いくさびのパスが入っても、くさびを受ける選手のスキルが不十分だと簡単にボールを奪われてしまうでしょう。

そのためくさびのパスを受ける場合、相手に体をぶつけられてもボールを奪われないキープ力が必要です。また、相手ディフェンダーのプレッシャーを受けながらボールをコントロールしなければならないため、正確なトラップができることも重要となります。さらに、ボールを受けた後の展開の攻撃につなげるためにも、広い視野を確保する必要もあります。

このように、くさびのパスは通常のパスを受けるよりも難易度はグッと高くなると言えるでしょう。

くさびのパスを入れる効果

くさびとは? よく聞くサッカー用語の概要を解説


ここでは、くさびのパスを入れることでどういった効果が得られるのか具体的に解説します。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.