子育て情報『シンポジウム『こどもの視点にたった政策とは』高島宗一郎(福岡市長)登壇2022年5月30日(月)10時~ 福岡市科学館 サイエンスホール』

2022年5月17日 13:30

シンポジウム『こどもの視点にたった政策とは』高島宗一郎(福岡市長)登壇2022年5月30日(月)10時~ 福岡市科学館 サイエンスホール

この度、日本財団(東京都港区、会長:笹川陽平)は、福岡市と協力して、こどもの権利・利益を第一に考える、こども政策の実現を目的に、シンポジウム「こどもの視点にたった政策とは」を5月30日(月)10時より福岡市科学館 サイエンスホールにて開催いたします。
2023年4月にはこども家庭庁の発足が予定されており、今国会ではこども基本法も提出されました。これを機に、こども政策の充実とこどもの基本法の制定に向けて、国会議員、自治体、こどもへの支援を行う民間団体と共に熱く議論するとともに、こどもの実態、こどもを取り巻く様々な課題や、こどもと向き合う現場の方々の声を広く収集し、その声を政策に反映させることを目指します。

<開催概要>
【名称】 「こどもの視点にたった政策とは」
~こども政策の充実とこどもの基本法の制定に向けて~
【日時】 2022年5月30日(月)10時~12時30分 ※メディア受付9時30分~
【場所】 福岡市科学館 サイエンスホール 福岡県福岡市中央区六本松4-2-1
【内容】 開催市メッセージ 高島宗一郎(福岡市長)
基調講演「こども家庭庁とこども基本法について」
自見はなこ(参議院議員)
パネルディスカッション
「こども家庭庁に望むこと、こどもの権利を基盤としたこども支援につい
て」モデレータ:高橋恵理子(日本財団公益事業部部長)
パネリスト:奥山眞紀子(日本子ども虐待防止学会理事)/山田太郎(参議院議員)
自見はなこ(参議院議員)/横内法子(福岡市こども総合相談センター
所長)/松崎佳子(認定NPO法人SOS子どもの村JAPAN理事)/安孫子
健輔(子どもアドボカシーセンター福岡理事長)
【主催】 日本財団
【共催】 自由民主党「児童の養護と未来を考える議員連盟」
超党派「児童虐待から子どもを守る議員の会」
【後援】 福岡市
【一般参加申し込み方法】下記フォームよりお申込みいただけます。
https://form.run/@jizo-1651810604

【一般からのお問い合わせ】日本財団 子どもたちに家庭をプロジェクト
E-mail:kodomokatei@ps.nippon-foundation.or.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.